« 「星を射る」3・4話 | トップページ | 「18・29」2話 »

英語について

私は高校の息子が0歳のとき、ディズニーの英語の教材を買い、中学の娘の育休のとき、公文教室へ通い、小学校の息子の育休の時、七田へ通いました。英語だけではなく、早期教育に燃えていました。でも教材は、ほとんど無駄に終わったと言う感じです。そのころはフルタイムで働いていたので時間に余裕がありませんでした。やっぱり、教材ではなく毎日の親の語りかけが大事だと思います。

戸張さんの本も3冊買い、寝る前にCDをかけていたら、当時幼稚園の息子は、英語のカルタ100枚ぐらいかなあ?すぐ覚えてしまいました。その子が1歳のとき、仕事はやめていましたが、私が英語で語りかけることができなかったから、それきりでした。

私は下の息子が1歳の時、「多言語を赤ちゃんのようにまねしながら自然に話せるようになろう」というクラブに入り、自分が夢中になっていろいろな言葉を覚えるようになりました。子供も一緒に行ってはいますが、自分が夢中になっているうちに、子供にあまり語りかけれず、大きくなってしまいました。

私は、今も英語、韓国語を中心に文章を少しずつ暗記し続けています。今は韓国ドラマにも夢中で、子供には何もしていません。

私の場合は英語教育に関しては横道にそれた感じですが、クラブに入って子供たちもいろいろな経験ができたし、私も楽しめてよかったと思っています。

|
|

« 「星を射る」3・4話 | トップページ | 「18・29」2話 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281056/6173480

この記事へのトラックバック一覧です: 英語について:

« 「星を射る」3・4話 | トップページ | 「18・29」2話 »