« 「ジュリエットの男」11話 | トップページ | 배드민턴의 연습 »

「ジュリエットの男」12話

Jyuri7 臨時株主総会にギプンがナラ信金の株保有証明書を持って現れ、経営権はなんとか守れました。

お祝いにみんなでカラオケに行きます。ギプンとチャンビがデュエットを歌うと、チェリンは外に出て行きます。

そこへスンウから電話がかかり、「嫌ってもいい。俺の名前を消さないでくれ。」と言います。

チェリンは「忘れたくても忘れられない。もらったものをそっくり返します。」と怒って言います。

スンウもやりたくてサムソンを乗っ取ろうとしているわけではないのにかわいそう。

スンウは次の手を打ってきます。ナラ信金のサムソン株を他に移し変え、議決権禁止は無効になるようにします。・・・よくわからないけど。

その手はギプンの手下の弁護士にも読めていて、次の方法を考えます。ギプンが三国志をヒントに、アイディアを思いつきます。

ブジャがナラ信金の株を集めて乗っ取ろうとしているというデマを流して、シンウグループにナラ信金の株を集めさせ、株価を上げてから、ナラ信金の株を売って儲ける作戦です。

デマを流したことがばれたら、懲役になるかもしれないのに、「チェリンが苦しむのを見るより、刑務所へ行ったほうがまし。」と言って、作戦を始めます。

スンウはギプンの作戦を見破りますが、スンウ父は、スンウを信じず、株を買い集めさせます。そして、ギプンは株を売り、大もうけします。

チェリンはギプンに「お金を返すのは少し待って。この恩は忘れない。」と言うと、ギプンは後で「返されたらそばにいられなくなっちまう。」と独り言を言います。

スンウとスインはさらに、近づきます。スインはチェリンに「スンウを解放してあげて。」と言うと、チェリンは「スンウさんはとうに記憶から消している。」と言います。

チェリンは屋上で、スンウの写真や手紙を焼きます。

ギプンに「愛する人のネクタイを締めて、見送るという夢がこわれちゃった。」と言い、ギプンはチェリンが行ってから、「俺は金貸しが嫌だったが、そのおかげであんたに会えて、力になれる。」と言います。いつも面と向かって言わずに、あとで、言うんだよね。

チェリンの母が、チェリンがギプンと同居していることを知り、怒って駆けつけます。母がギプンに怒ると、「この人は、大切な人。スンウさんの何百倍も大切。」と言います。

母やギプンはどうするのかな?

|
|

« 「ジュリエットの男」11話 | トップページ | 배드민턴의 연습 »

ジュリエットの男」カテゴリの記事

コメント

안녕!!
暑いのにバトミントンなんて、がんばってるね~!
水分しっかりとって休んでくださいよ。
私は、だいぶよくなりました。
心配してくれてありがとうね♪

(お気に入り)に入れてくれてありがとう!
私、まだやり方がわからなくて設定していません。もう少し待っててね。

投稿: ピーラビ | 2007年5月24日 (木) 16時44分

体調がよくなってよかったですね。
バドミントンは、ハードなスポーツなので疲れますが、思い切り動けるので、ストレス発散にいいです。
午後は少し昼寝をしてしまいました。

投稿: ぴかり | 2007年5月24日 (木) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ジュリエットの男」11話 | トップページ | 배드민턴의 연습 »