« 써클(サークル) | トップページ | 「ジュリエットの男」14話 »

「ジュリエットの男」13話

チェリンに「大切な人」と言われてギプンはうれしそうですが、母に「戻ってきて」と言われているチェリンを見て、「家に帰れ。」と言います。

でも、チェリンは「借金を返すまで戻らない。」と言います。最初から、「何で一緒に住むの?」と思ったけど、こんな中途半端なときには出て行けないよね。

スンウはサムソンの株を45%まで買い集め、また、臨時総会の申請をするよう指示します。そして、代表取締り役の席を約束してミラの残り10%の株を買い取ります。

シンウグループの株の買取の動きを知り、チェリンはギプンを呼び出そうとしますが、ギプンは体調をくずしたチャンビに付き添っていて、チェリンのところへ行けません。

やっと、チャンビの許しを得て、ギプンは戻り、対策を考えます。そして、シンウグループの策略を知ろうと、ミラに近づき、聞き出します。

さらに、45%を上回る株を確保するため、、資金を集めようとします。

スンウとスインはお互いの両親と一緒に食事をすることになります。両親は、スンウの気持ちも聞かず、式の日取りまで決めようとしますが、スインがなんとか、決めるのを延ばします。

チェリンが「スンウの記憶は消した。」と言ったことを、スインから聞いたスンウは、チェリンに会いに行ったのに、また、ひどいことを言われてかわいそうでした。

お金が集められないギプンはまた、ブジャに頼みに行きますが、今度は「サムソンの株をやるから、一生チャンビの世話をすること。結婚したいといえば結婚もしなさい。」と言われ、しかたなく条件をのんだようです。

酔って帰ったギプンは、チェリンに後ろから抱きつき、「好きな人が、デパートも何もかも捨てて逃げようと言ったらどうする?」と聞きます。

チェリンは、「今は、ギプンさんがいるから逃げない。」と言いますが、ブジャの条件をのんでしまったギプンは無理やりキスをします。

チェリンは、「好きになりかけたのに・・・」と怒ります。この後のギプンもせつないねえ。

予告を見ると、次回は何かチェリンが切ない思いをしそうです。

|
|

« 써클(サークル) | トップページ | 「ジュリエットの男」14話 »

ジュリエットの男」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 써클(サークル) | トップページ | 「ジュリエットの男」14話 »