« 화요일은 바쁜 | トップページ | 「オンリーユー」15話 »

「オー!必勝」8話

Pirusun4 関係ない画像ですみません。

ピルスンはスニョンの復職を求めて会社の前で座り込んでいます。

会長に「金がすべてじゃない。・・・プライドは取り戻せない。・・・復職させてくれることを信じて待ちます。」と言います。

サブがピルスンを心配し、会長を訪ね、「今回は折れてください。」と頼みます。

会長は「スニョンと二度と会わない。西部店の売上を10%上げる」ことを条件に復職を許します。

ピルスンはスニョンを訪ね、復職できることを話します。お互いに「ありがとう。」と言い、握手をします。もう会えないことを思うと、つらいだろうね。

いつもみたいに笑っていても、「笑っているのに涙が出る。・・・胸が痛い。」というナレーションが入ります。

ジェウンはスニョンに「もう仕事はやめろ。」と言い、バッグをプレゼントします。

サブは辞表届を出します。ピルスンはサブの家にやめないよう頼みに行きますが、気持ちは変わりません。

西部店の社員は閉店のうわさを聞き、ピルスンに詰め寄ります。うわさを流したのはミン専務らしいのに、ピルスンは「どうしたら良いのか教えてください。」と頼みます。結局何もできず、社員は立てこもります。

ピルスンの叔母はサブを呼び出し、「仕事に戻りなさい。・・・あなたは私の娘も同然。心の進むほうへ向かいなさい。」と言います。

サブは叔母の息子の許嫁だったのに息子が亡くなってしまいました。サブがピルスンに惹かれているのを知って、叔母は複雑な気持ちだったと思いますが、こう言ってあげるなんて、なんていい人でしょう。

「兄嫁は19歳」「威風堂々の彼女」などでは、意地悪な悪役だったのに、今回はいい役でよかったです。

サブはピルスンの手紙も見て、仕事に戻ることにします。

サブが戻って、ピルスンはやる気満々です。

サブはスニョンに会って、「仕事をやめて」といったことを謝り、「スニョンがここで働いているから、ピルスンは西部店を守ろうとしている」と話します。

スニョンは店の倉庫でピルスンとラーメンを食べながら話します。

「私のせいで傷つかないで」と言いますが、ピルスンは「おれはつらくない。。俺のことは気にするな。お前が一番幸せになれる場所に行けばいい。・・・」と言います。・・・優しいねえ。いい人だねえ。

そこへ、ジェウンが現れます。今の話聞いていたのかな?それともスニョンを泣かせたと思ってのかな?

(回想)ミン専務は、学生時代、スニョン母のことが好きだったんだね。でも、スニョン母は、スニョン父と付き合っていて、ふられてしまいました。この3人の学生服姿、笑えました。・・・ミヤネ

|
|

« 화요일은 바쁜 | トップページ | 「オンリーユー」15話 »

オー!必勝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 화요일은 바쁜 | トップページ | 「オンリーユー」15話 »