« 「星を射る」8話 | トップページ | 「ジュリエットの男」8話 »

「ジュリエットの男」7話

Jyuri6 チェリンはスンウを殴った後、スンウの父が、チェリンの父を裏切り、自殺に追い込んだことを話します。

スンウが父にそのことを確かめに行くと、父は「サムソンが欲しかった。」と認めます。

チェリンが家に帰ると、ギプンが誕生日ケーキを持っていて、お祝いをしようとします。チェリンはそれどころではなく、ギプンにもたれかかります。

「スンウはそんな(チェリン父を裏切る)奴じゃないはずだ。」と言って慰めます。そして、気が晴れるように、屋上で大声を出して、ロケット花火(それにしてはデカイ)を打ち上げます。・・・ギプンはスンウの味方をするなんて、いい人じゃん。

スンウは、花火をアパートの下から見て、ある決心をするようです。

ヤン・ミラのいつもの部下がそれを見て報告をします。「二人の仲はアウト。それに親の仇にセリンヌを売るはずがないから、チェリンは自爆をする。」と言っていました。それがねらいだったんだ。

でも、チェリンはセリンヌをスンウの会社に売ります。それも提示の2分の1の価格で。スンウは、チェリンに温情を一切かけませんが、後で先輩には、「今は父に従って、サムソンを手に入れ、それから父を裏切り、チェリンにサムソンを返す。」と言います。それしかないのかなあ?

チェリンは帰りの車の中で、「父を裏切ったのはスンウの父親だけで、スンウは何も知らなかった。」ということを知ります。そしてスンウが父のお墓参りにも来ていたことを知り、心の中ではスンウを許します。

チェリンの母はチェリンがギプンと一緒に住んでいることを知り、それでスンウとの婚約を解消されたので、チェリンのもとに駆けつけます。そこへギプンが入って行っちゃったもんだから、母に殴られます。ギプンは、チェリンが「100億を返したら、もう(ギプンの)顔も見たくない・・・」と母に言うのを聞いてしまい、家に戻って荒れます。

スンウへの誤解が解けてよかったけど、もとにもどれる雰囲気ではないけど、どうなるのかな?

|
|

« 「星を射る」8話 | トップページ | 「ジュリエットの男」8話 »

ジュリエットの男」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281056/6368969

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジュリエットの男」7話:

« 「星を射る」8話 | トップページ | 「ジュリエットの男」8話 »