« 운동회(運動会) | トップページ | 「18・29」7話 »

「星を射る」13話

Hosi15 インタビューで「愛しているのはマネージャー」と言ってしまった後、二人でバスに乗って海に行きます。二人で夜の海に向かってさけんだり、部屋で、何かぎこちなくしているのがいいよね(*ノωノ)

そのころ、パダの家には記者が何人も押しかけます。

ソンテは、パダに電話をかけます。パダが「なぜ、イェリンのことを明かさなかった?」と聞くと、

「愛がわかっているから。誰かを守りたい気持ちがわかるから。」と、パダがイェリンのことを思っていたから、パダのためにイェリンを傷つけないようにしたんだね。

それなのに、「ソンテに裏切られた」と思われ、同情を集め、窮地を逃れたイェリンは、「牙を向けないように、ソンテをそばに置いておきたい。」なんて言うんだよ。どこまでふてぶてしいの?

ドフンまでその頼みをきいちゃって、ソンテをパワーに入れるようパダを脅します。

ミリョンがイェリンをなぐり、けんかになります。ミリョンは、パダに怒られると思ったのに、パダは「よくやった。いつも俺たちに優しくしてくれてありがとう。」と言います。ミリョンもやっと報われたね。

パダは二人を迎えに行き、「お前らを信じている。」と二人のことを認めます。

パダとソンテは役をもらいに出かけますが、あちこちで断られます。

ドフンに「パワーに来たら、映画に出演させてやる。」と言われ、パダはソンテを行かせることにし、まず、ソラを説得します。ソラもなんとか納得して、ソンテの誕生日を祝った後、ソンテに話をすることにします。

屋上で二人で新年を迎えたり、カラオケに行ったり、プリクラを撮ったりと、ラブラブなんだけど、ソラはつらそうです(((p(≧□≦)q)))

誕生日の夜、パダとソラはソンテにパワーへ行くよう説得します。ソンテは初めは反発しますが、行くことにします。

ソンテはパワーに入る条件を出します。「パダに借りたお金を返せ」というのですが、ドフンは「ソラと別れるなら返す。」と言います。

お金を返すのが当たり前なのに条件をつけるなんて、なんていう奴 ( ̄∩ ̄#

ソンテは返してもらったお金をパダに渡し、「すべて奪い返します。」と言います。

そして、パダたちに見送られ、パワーに入っていきます。

終わったら、また、DVDを借りて見たいほどいいです。チョ・インソンは、あの髪型なのにかっこいい!(いつもこればっかですみません)目がきれいです!(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★

|
|

« 운동회(運動会) | トップページ | 「18・29」7話 »

星を射る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 운동회(運動会) | トップページ | 「18・29」7話 »