« 「星を射る」最終話 | トップページ | 소프트의 연습 시합(ソフトの練習試合) »

「18・29」8話

1829 ヘチャンのせいで、ボンマンが映画を降板させられると聞いても、ヘチャンは「ジヨンと二人で逃げればいい」と、まだ少し怒っています。

でも、気になって家にボンマンの様子を見に行きます。ボンマンに見つかると、「忘れ物を取りに来た」と言って、素直になれません。そして、話しているうちにまた、けんかになってしまい、また、出て行ってしまいます。

ボンマンはヘウォンに「お姉ちゃんが謝りに行ったから、ゆるしてあげて」と言われて、ヘチャンのところに行こうとしますが、ヌンと一緒だったので帰ってしまいます。

ヘチャンが、ドラマを見ていると、ボンマンとジヨンがこの前言っていたせりふを言っていて、せりふの練習だったと気づきます。

それで、ヘチャンはテレビに出て、ボンマンの弁明をすることにします。

でも、ボンマンは怒って、「帰れ」と言いますが、ヘチャンは帰りたくないので、大魔王(祖父)が来るからと嘘をつきます。ボンマンも嘘だと分かってもうれしそう。

ヘチャンがテレビに出たことで、ボンマンのイメージが回復します。(そんなに簡単に~?)それで、降板の話はなくなりますが、ジヨンの叔母から、「ダイエットをしなければ・・・」と言われます。

ヘチャンも協力しようとして、うさぎ跳びをさせたり、寝ている間に脂肪をもやそうと、包帯みたいなのを体中ぐるぐるまきにしたりします。(写真のように)

そうこうしているうちに、ボンマンは調子をくずし、夜、ヘチャンに「一緒にいてくれ」と頼みます。でも、何にもなかったけどね。

ヘウォンはヌンの好きな人がヘチャンだと知り、「ヌンを傷つけないで」と言います。

ボンマンはジヨンのせりふから、ヘチャンに「愛している」と言ってないことに気づき、花束を買って帰るんだけど、そこにヌンが来て、「先輩を苦しめないで」と言うので、また、怒ってしまい「もうあいつとは会うな」と言います。

映画の脚本はソンミのではなく、ヘチャンが書いたということが分かり、みんなでお祝いをしますが、そこへ、電話がかかってきます。その脚本は盗作の疑いがあるのかな?

(高校時代の話)ボンマンと、ヘチャンは踊りに行きますが、ボンマンの踊りが上手で大人気なので、ヘチャンはいじけて一人で帰ろうとします。

ボンマンは追いかけて「君とだけ遊ぶよ」と言います。・・・だんだん仲良くなってきたね。

|
|

« 「星を射る」最終話 | トップページ | 소프트의 연습 시합(ソフトの練習試合) »

18・29」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「星を射る」最終話 | トップページ | 소프트의 연습 시합(ソフトの練習試合) »