« 心配なふたり | トップページ | むなしい休みの終わり »

「恋人」6話

社長解任案が否決され、会長は部下に怒ります。

ミジュは父の土地の競売が決行されると聞き、ユジンのところへガンジェの居場所を聞きに行きます。

ガンジェはセヨンと会っていて、セヨンは「お父さんの気を引きたいから、ペグン建設合併の邪魔をした。」と言います。

セヨンが帰ろうとしたとき、ミジュがガンジェを訪ねてきます。

ミジュはガンジェに文句を言いますが、「電話の持ち主が見つかった。」という電話が入り、ガンジェはミジュの話を聞かずに出かけてしまいます。

ガンジェが行ってみると、そこにいたのは、ドンギュ兄貴でした。

ドンギュは「俺を疑うべきだろ。」と言いますが、ガンジェは信じず、はめられたと思います。

ミジュはセヨンにガンジェの携帯番号を聞こうとしますが、セヨンは傷つくよね。

でも、そこにガンジェが現われます。ミジュが競売の話をしようとしても、ガンジェは、デジカメに映った人物を探すことしか頭にありません。

ミジュは怒って、デジカメの写真を消去してしまいます。

ユジンが家に帰ってくると、ドアには「さっきはごめんなさい。」というミジュのメモが貼ってあり、中にはガンジェがいました。

ガンジェは「引っ越そう」と言いますが、ユジンが「隣の女のせい?」と言うので、「俺を悩ませるのはユジンだけ。」と言って出て行きます。

会長は「合併失敗」の記事を見て、改めてガンジェに「ぺウン建設を手に入れろ。」と指示します。

そして、キム弁護士から、合併の邪魔をしたのはセウンだと聞きます。

ドンギュはチャンベにガンジェを刺したかどうか確かめ、「麻薬を売って一儲けする。」という言葉も聞きますが、口出しはできないようです。

ガンジェはぺウン建設のペグ理事に会いに行きますが、理事に飲めないお酒を飲まされ、倒れてホテルに運ばれてきます。

ちょうどミジュが見かけてまた、介抱することになります。介抱したあと例の写真をガンジェの部下に渡して帰ります。

会長はセヨンを呼び、どうして邪魔したかを聞きますが、セヨンは「会いたかったから。会長は悪いことをしたときだけ俺を呼んだ。」と言います。

セヨンは親の愛情に飢えていて、会長の「息子がかわいくない親はいない。」という言葉も信じません。

セヨンの母は、セヨンの遊び相手?チュ・ユンを捕まえセヨンの前で侮辱します。

セヨンは怒りますが、母は耳を貸しません。母は昔、ユジンにもひどいことをしたようです。

セヨンがユジンに花を持ってきて、そこへミジュも来ます。そしてユジンがセヨンの初恋の相手だと知ります。

ユジンとガンジェがカニを食べようとしていると、チャンベから電話が入り、また、ガンジェは出かけます。

ミジュは医大の卒業生の集まりに行きます。

そこで、いやらしそうな先輩につかまって踊りを一緒に踊るのですが、ちょうどガンジェが嫌がるミジュを見て、音楽を消させ電気をつけさせます。

電気がついたとき、ガンジェ、ミジュ、先輩が顔をあわせてたところで終わりました。

ほんとに偶然にあうことが多すぎのような・・・

ガンジェはまだまだミジュのへの思いはないようで冷たい感じです。

|
|

« 心配なふたり | トップページ | むなしい休みの終わり »

恋人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281056/7774182

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋人」6話:

« 心配なふたり | トップページ | むなしい休みの終わり »