« 「恋人」6話 | トップページ | ちょっと たるんでない? »

むなしい休みの終わり

「チョアチョア」

11話

チョアが洞長のチャンさん宛の手紙をみてしまいます。

「チョアが結婚するまでは、自分も結婚できない」

と書いてあって、チョアは恋人を見つけることにします。

チョアがプールでおぼれそうになって、ジソブが助けます。

洞長もジソブを褒めるし、チョアも「能力のある人だから結婚したら、ぜいたくして暮らせそう」と思い、まんざらでもない様子。

ジソブが入社して3年の記念にチョアを飲みに誘いますが、ナ先輩もオジュンもついてきてしまいます。

ジソブは酔いつぶれてしまいますが、ナ先輩が、「私が介抱するから・・・」と、オジュンとチョアを帰します。

ナ先輩は自分の家に連れて行き、寝かせます。

ジソブは朝帰りをしたので、チョアとオジュンは「ジソブとナ先輩は恋人同士」と誤解します。

オジュンは子どもが好きで、テギルをかわいがっています。

そして、テギルの母のことも、「ハン・ジヘ」という名前だと知って、「ジヘさん」と呼んでいました。

それで、チョアはオジュンはテギル母が好きだと誤解してしまいます。

ジソブとオジュンはチョウンにけしかけられ、同時に告白することにして、

夜9時にチョアを公園に呼び出しますが、バスが遅れて、二人とも時間におくれてしまい、チョアはおこってしまいました。

12話

洞長は健康診断の結果を見たら、「肝臓がんの疑いがある」と書いてあり、ショックをうけます。

そして、派出所長に「チャンさんをよろしく」と言ったり、チャンさんへも「派出所長はいいやつだから、よろしくやってくれ。」と言ってしまいます。

洞長は、死ぬ前にチョアを結婚させようと、ジソブを呼び出し、「幸せにする自信があるか?」と聞き、ジソブが「もちろん!」と言うので、

次の日のお昼を一緒に食べて、洞長からチョアに結婚を勧めることになります。

チョアたちは「お父さんがおかしいから、寂しいのではないか?」と思い、洞長にマンドリンを弾かせ、みんなで歌を歌うことにします。

その歌は日本にもある「埴生の宿」だから、びっくりしました。

次の日、洞長は病院に行き、がんではないと聞くと、とたんに元気になって、

チャンさんと派出所長に「昨日の話は忘れてくれ」と言い、

ジソブとの昼の約束も、会社の人みんなをよんでの会食になってしまい。ジソブにも「昨日のことはなかったことに」と言うので、ジソブは泣いていました。

13話

会社のみんなで済州島へ行きました。

ナ先輩が、チョアに「ジソブさんとうまくいくように協力して。」と頼み、チョアは、簡単に承諾します。

ミリとギウォン、チョアはオジュンを選んで出かけてしまい、ナ先輩とジソブをふたりにしようとします。

でも、チョアはオジュンとふたりでいても、ジソブのことが気になってしまいます。・・・いいねえ、この展開。

チョウンもギウォンが好きなので、ミリに意地悪をしますが、ナ先輩がミリにアドバイスをして、うまく収まります。

家では、テギルとテギル母も実家へ行くことになり、洞長一人です。

そこへチャンさんがやってきてお昼ご飯をつくってあげ、ふたりはいい雰囲気です。

でも、そこへ派出所長が何回も邪魔をしにきたり、テギルたちも帰ってきてしまい、うまくいきません。

ジソブはチョアとふたりで無人島に行く計画を立てますが、うまくいかず、ナ先輩と行くことになってしまいます。

ジソブがチョアのことばかり考えているので、ナ先輩も悲しそうです。でも、帰りの船で、船がゆれた拍子にジソブとナ先輩は近づき、思わずジソブは抱きしめてしまいます。

そのふたりをチョアは見てしまい、ショックを受けます。

やっと、チョアがジソブのことが好きになってきたみたいで、うれしいです。

14話

チョアはナ先輩とジソブが海で遊んでいるのを見て、機嫌が悪いです。

オジュンがチョアのカメラを海に落としてしまって、チョアはすごく怒ります。

でも、チョアは後悔して、オジュンとふたりでお酒を飲んだ時、あやまります。

「オジュンさんといるとほっとする。」と言ってオジュンに寄りかかっているところをジソブは見てしまいます。

でも、チョアは「ふたりを(ナ先輩とジソブ)くっつけようとしたら、寂しくなった。・・・いつの間にか彼を異性として意識していた。」とオジュンに話します。

オジュンはすごくショックでした。・・・ほんとにチョアも鈍感だなあ。オジュンにあんなこと言っちゃうなんて。

オジュンが引き下がろうとすると、ジソブも「チョアをあきらめる。幸せになれ。」とオジュンに言ってしまいます。

「ベストカップル大会」があり、優勝賞品は、東南アジア旅行でした。

チョアは旅行を父にプレゼントしたくて、オジュンに一緒に出ようと持ちかけます。

ジソブも、そろいのTシャツ見てショックを受け、ナ先輩と出ることにします。

ジソブペアとオジュンペアが決勝に残りますが、乗り気でないジソブは、不利です。

最後にオジュンは本気でチョアに告白します。・・・かっこよかったよ。

Cap008_2 オジュンペアが優勝します。

一方、チャンさんは洞長にお昼ご飯を誘いに行きますが、チョウンが来てしまい帰ります。そこへ派出所長が現われ、一緒に食事をし、「洞長にはチャンさんはもったいない。」と言います。

チョウンは、チャンさんのところへ行き、「パパは死んだママのことが忘れられない。」と話します。

しかし、テギルは母、洞長に「チャンさんのことを応援しています。」と言い、チャンさんのところにも行き、「チョウンのことは気にしないで。」と言ってあげます。

それで、洞長とチャンさんはうまくいったみたいです。

オジュンが、本当に告白することにして、携帯に「愛してます。受け入れてくれるなら、来て下さい。」とメールします。

チョアはオジュンのところに来たんだけど、それは偶然で、携帯をなくして、メールを見ていなかったのです。

ナ先輩はジソブに「愛してくれるまでいつまでも待つわ。」と言います。

チョアは携帯が見つかり、オジュンのメールを見て、少しうれしそうです。

ナ先輩は、ジソブが朝帰りをしたとき、チョアの誤解を解いてくれたし、そんなに悪い人じゃなさそうだけど、しつこいんだよね。

チョアも早くジソブの気持ちに気づけばいいんだけど、ほんとに鈍感なんだから・・・

今日で夏休みも終わり。最後はダラダラしてしまったから、明日から仕事だと思うと憂うつです。

まあ、勤務時間がすくないし、楽な仕事だからいいんだけど。

そういえば、「3ヶ月で2キロ減らす」というダイエット、マイナス1.2キロで終わってしまいました。

試合観戦の頃は間食の暇もなくて、もう1キロぐらい減っていたのに、この頃は気持ちがだらけているから、ちょこちょこ食べちゃって、この結果です。

冬になると太るから、これからは現状維持を目標に食べ過ぎないように気をつけたいと思います。

明日からまた、気持ちを切り替えてがんばろう!

|
|

« 「恋人」6話 | トップページ | ちょっと たるんでない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

終っちゃたね、夏休み!

明日からお仕事がんばってね。

私も気を引き締めてがんばろうと思います。

ハングルのお勉強サイトでいいの見つけたんです。

参考書を1冊買ったようないい内容です。
音声もついているんですよ。

投稿: ピーラビ | 2007年9月 2日 (日) 18時58分

韓国語の勉強がんばっているんですね。
お勉強サイトはまた、ブログで教えてもらえるのかな?
楽しみにしています。
私も、9月からラジオ講座を、子どものいない昼間にがんばろうと思います。
今日は変則なので、今から仕事に行ってきま~す!

投稿: ぴかり | 2007年9月 3日 (月) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281056/7772101

この記事へのトラックバック一覧です: むなしい休みの終わり:

« 「恋人」6話 | トップページ | ちょっと たるんでない? »