« とうとう挫折 | トップページ | 悔しいなあ »

「マイガール」11・12話

このドラマ、すごくよくて、まだ途中ですが、今年見たドラマの中では「星を射る」を抜いて1番好きになりました。

このごろずっと、ほかのことをやっていても、マイガールの音楽が頭の中を流れています。重症だ~。

11話

ユリンが「私と一生従妹として生きていける?」と言うと、ゴンチャンは「ああ、そうすればみんな幸せになれる。」と言うので、ユリンは「考えさせて」と言います。

ユリンは怒って、ゴンチャンに「執行理事にさせて。・・・でも働かない。」と言ってしまいますが、ゴンチャンもわざと言っているとわかっているようです。

ゴンチャンは、ジョンウがユリンを好きなことを知っているので、スカッシュで勝負して「負けたら言うことをきく。」と、もちかけます。

スカッシュは2人とも様になっています。運動の演技って運動のセンスがわかりますよね。走る姿でもかっこいい人とそうでない人がいるもん。

ゴンチャンは勝負に勝ち、「ユリンがお前を受け入れないなら、それを受け入れろ。」と言います。

Cap028 ジョンウが「勝ったらユリンと結婚させてください。」と言って、会長と碁の勝負をします。ゴンチャンが会長の味方をするところが面白い。

ジョンウの母はユリンが気に入らないみたいで、ユリンに「ジョンウと会わないで」と釘を刺しますが、ゴンチャンが助けてくれます。

そして、後でジョンウに「まず、お前のお母さんを説得しろ。・・・ユリンを傷つけるな。」と言います。

会長も叔母もジョンウとユリンをくっつけようとしていて、ジョンウの母を説得しようとしますが、なかなかできません。

ジョンウは母に指輪を買って、説得しようとしますが、そこへ、叔母とジャンさんの指輪を取りに来たゴンチャンとユリンを見てしまいます。

2人が仲良くしているのをみて嫉妬し、セヒョンも入れた4人で食事をすることにします。

Cap029 4人の雰囲気は最悪。ユリンはすぐに帰ってしまい、追いかけたジョンウは「僕のところに来てくれるか?」と聞きますが、怒っているユリンは「できない」と答えます。

でも、やっと「僕の愛は本物だから・・・」と言い、ユリンも本気だと気づいたみたい。

残ったゴンチャンは、セヒョンに「お前を愛せない。・・・ごめん。」と言うのでした。

Cap030_2 ユリンはジョンウから「本物の従妹は死んだ」と聞き、ゴンチャンに出て行くと告げますが、ゴンチャンは怒って、「そうすればいい!俺も従妹というのが苦痛なんだ。」というようなことを言います。

会長はジャン夫人にジョンウとユリンの結婚を断られて、調子が悪くなります。そして、ゴンチャンに「(ユリンがうまくいかないのは)わしのせいじゃ。」と自分を責めます。

それで、ジョンウは母を怒ります。

Cap032 Cap031_2

ユリンはつらくなって64ビルの上に上ります。ゴンチャンもユリンの言葉を思い出し、64ビルの上に向かいます。エレベーターの中で、ユリンから電話がかかってきて、話している2人が切ないです。

でも、2人はすれ違って会えません。期待したのになあ。

12話

結局、64ビルの上で2人は会えませんでした。

帰ってから、ユリンはなぜかゴンチャンを意識しちゃって、かわいいです。

Cap034 次の日もゴンチャンのネクタイが曲がっていたので、結びなおしてあげるとき照れてしまって、首を絞めちゃうところも面白かった。

ゴンチャンはジョンウにユリンが前言っていた嘘話をして、「(「5秒数えて現われた人が好きになる。」という言葉のせいで)狂いそうだ。」と言います。

Maigaru10 おばさんがジョンさんにケーキを作りましたが、それをユリンが食べちゃって、作ることになります。でも、ユリンは作れなくてゴンチャンがほとんど作ってあげます。

ここもよかったな。ゴンチャンはユリンに「ユリンは、今は一生懸命働いて、32歳くらいで結婚して・・・」なんて言うんだよね。

ジンギョがユン秘書からもらったみかんを大切にしていたのに、椅子の上に置いておいたら、人が座ってつぶされちゃうところも、関係ないけど笑えました。

ジョンウがレストランを貸しきって、ユリンにプロポーズすることを知り、ゴンチャンは落ち着きません。

おまけに、会長にユリンを連れ出してジョンウのところに連れて行く役を頼まれてしまいます。

Cap039 ジョンウにプロポーズされたユリンは「あなたのそばにいたら、ゴンチャンと毎日顔を合わせないといけない。」と言い、断って帰ります。

ユリンから、「ジョンウさんと一緒になれないわけは、ジョンウさんが私たちが偽りの従妹と知っているから。」と言われたゴンチャンはジョンウに「なぜ知っていることを言わなかった?」と言います。

そして、「知らないふりをしてくれ。」と頼みますが、ジョンウは「お前がユリンを愛していることか?お前は愛する資格がない。」と言います。

それをセヒョンが聞いてしまいました。

ゴンチャンは、チェジュ島に行ってしばらく働くことにします。

ジョンウはユリンと偶然会ったとき、ゴンチャンが「5秒数えて会った人を好きになるという話を聞いて、気が狂いそうになる」と言っていた話をします。

それで、ユリンはゴンチャンの気持ちがわかってしまいます。

ゴンチャンが「本当の従妹は存在しない。・・・ごめん。」と謝りますが、ユリンは「知ってて同意したの。」と言います。

お互い、一生従妹の関係になるとわかっているのに、会長のために嘘をつき続けようとするんだよね。

ユリンが、「でも、雪が降っている間は、従妹としてではなく、ジュ・ユリンとして私を想ってくれませんか。」というところが切ないです。

ゴンチャンがチェジュ島へ出発しようとしますが、雪のため飛行機が出るのが遅れます。

Cap041 ユリンを従妹として従業員に紹介することになっていた創立パーティーが始まろうとしていましたが、ゴンチャンが駆けつけ、ユリンに「もう、嘘はつけない。」と言って抱きしめます。・・・よかった~

その2人をセヒョンとジョンウが見てしまいます。

ゴンチャンて保坂尚輝(だったかな?)という人に似ている気がする。

|
|

« とうとう挫折 | トップページ | 悔しいなあ »

マイガール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281056/8041315

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイガール」11・12話:

« とうとう挫折 | トップページ | 悔しいなあ »