« 「ある素敵な日」7・8話 | トップページ | あわただしい1日 »

「ある素敵な日」9・10話

9話

ハヌルはゴンに「昨日はごめん。」と謝ります。「なぜ、私を探したの?」と聞くと、ゴンは「妹じゃなくても探した。」と言います。

ハヌルは、「私の一番幸せだった時間を記憶している人が兄であってほしい。」と言い、ゴンは抱きしめてあげます。

ハヌルはヒョジュに会いに行き、家に帰るように説得します。

ハヌルはドンハに謝ります。最初怒っていましたが、「ありがとう、無事でいてくれて。」と抱きしめます。

Cap057 ゴンも、ヒョジュに「海をみせてやる。」とメールをして、水族館に呼び出します。ヒョジュはゴンに謝り、「ハヌルにつらく当たったりしない。・・・愛してる。」と言い、仲直りをします。

家に帰り、ゴンはハヌルに「余計なことをするな。」と言います。でも、ハヌルはサメの歯のペンダントを返し、「ヒョジュにあげて。」と言います。

そして、「オーストラリアに帰ったら?私はもう子どもじゃないから、お兄ちゃんがいなくても生きていける。」と言いますが、

ゴンは「わかった、帰るよ。」と言いながらも本心ではなく、「本当の気持ちを捨てたまま生きていこう。・・・それでもいいのか?」と怒ります。

ヒョジュがドンハに会い、「ハヌルを大切にして。」と言い、ヒョジュのお店の割引券をあげ、「ハヌルを食事に誘って。」と言います。

ドンハはなんか愛嬌があるよね。割引券を渡されて「タダ券じゃないのか」と言ったりするところなんか笑えました。

Cap058 ドンハは言われたとおり、ハヌルを誘って、ヒョジュの勤める店に行きますが、ちょうど、ゴンも来て、3人で食べることになりました。

ドンハがゴンのことを「お兄さん」と呼んだりするから、ゴンは不機嫌です。

ハヌルに「(ドンハと)付き合うのか?」と聞くと「考え中なの」と言います。

でも、ゴンは「あんたは嫌いだ。どんな立派な相手でも反対する。」と言って帰ります。ハヌルも後を追って店を出ますが、母から電話がかかってきます。

テウォンが自殺未遂で入院したので、ハヌルたちは病院に行きました。

ハヌルはテウォンに「ママの気持ちを考えたことがある?しっかりして!」と怒ります。

ソンチャンがハヌルの養父がゴンの父の財産を横取りしたことを調べ出しました。ゴンはソンチャンに「他の事も調べろ。」と言います。

マンチャがハヌルにゴンたちがテソングループによく行っている事や、韓国に来たのはテソングループから、お金を巻き上げるためだと話してしまいます。

ハヌルはゴンたちがて父の会社に入っていくところを見てしまいます。

ゴンはハヌルの養父と話していて、父の財産を横取りしたことを知っていると言うと、養父は「なら、全部持っていけ。」と言ったので、会社全部をもらわないと・・・」と強気に出ます。

Cap059 ハヌルがゴンを歩道橋に呼び出し、「お金を要求したのは本当?」と聞くと、ゴンは「本当だ」と言ってしまいます。

予告を見ると、ゴンとヒョジュが抱き合っているし、ハヌルとドンハも・・・

次は我慢の回ですね。

10話

ゴンはハヌルに「金持ちなんだから、少しぐらいもらってもいいさ。」と言います。もっと、養父に財産をとられた話とか、本当の気持ちを説明すればいいのに、言葉足らずで誤解されちゃうんだよね。

Cap060 ハヌルは元の家に行き、泊まりますが、母は、「今は苦しんでいるテウォンが大事だからもう来ないで。」と言います。・・・それもひどくない?あんなにかわいがっていたのに・・・

ハヌルはドンハを誘い、南山ロープーウェイに乗ります。

そして、「チーフの魅力は気になることがあっても、知らないふりをしてくれるところ。」と言います。

ハヌルは家に帰り荷物をまとめ出て行きます。ゴンが説明すると言っているのに、ちゃんと聞いてあげてよねえ。

モーテルに泊まろうとしますが、ドンハがドンハの家に泊まらせてあげます。

Cap061 ドンハの作ったラーメンは具が入ってなかったので、ゴンが作ってくれてラーメンを思い出します。

ドンハが、ゴンの話を聞いてゴンの悪口を言うんだけど、ゴンがハヌルにしてあげたことは、お金のためじゃないと言っているようなものでした。

ゴンはハヌルに会い、「お金も必要だったが、お前を捜したい方が先だった。(ハヌルが裕福じゃなくても、手術代が必要でなくても)もちろん捜した。」と言いますが、ハヌルは「捜さなかったはず。・・・実の兄じゃないもの。」と言います。・・・信じてあげてよ~

ゴンはハヌルの養父の会社に行くと、常務になっていました。

テウォンがそれを知って、父に訴えます。「実の娘を他の男に任せているなんて・・・」と言っていました。・・・実の娘なの??

ハヌルはドンハに悪くて次の晩は元の家に戻るとうそをついて、モーテルに泊まりました。

ゴンとハヌルを仲直りさせようと、マンチャにハヌルを食事に誘わせますが、ドンハもついて来てしまいました。

でも、ハヌルはゴンとソンチャが一緒だと知り、怒って帰ろうとします。

ゴンは追いかけますが、ハヌルは「私たちは赤の他人よ。」と言い、ドンハを「私の彼」と言います。

ドンハも引き止めるゴンを殴り、「それでも兄貴か?・・・許す準備ができてないんだ。」と言います。

Cap063 ハヌルはドンハと一緒にドンハの家へ行きます。

そして、「入ります。・・・保険に。・・・・付き合いましょう。」と言います。

テウォンがハヌルに謝りに来て、ハヌルは許します。

とうとう、ハヌルはドンハと付き合うことにしちゃったんだね。

ゴンへの気持ちに気づくのはいつでしょう?

|
|

« 「ある素敵な日」7・8話 | トップページ | あわただしい1日 »

ある素敵な日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281056/8294652

この記事へのトラックバック一覧です: 「ある素敵な日」9・10話:

« 「ある素敵な日」7・8話 | トップページ | あわただしい1日 »