« やりたいことがいろいろ | トップページ | 「ありがとうございます」1・2話 »

「恋人」14話

セヨンのマンションでセヨンとミジュが話しているところへ、秘書がやってきました。

ガンジェのことを話そうとしますが、セヨンはミジュに「ヤツ(ガンジェの元へ行け。」と言ってミジュを帰してしまいます。

秘書はガンジェが会長の実の息子であることを話しますが、セヨンは「知っていて当然」と言って驚きませんでした。

でも、「このことを口にしたら、俺たちの関係は終わりだ。」と言います。

え~!終わってなかったの?

ミジュが秘書を待ち伏せして話を聞こうとしますが、秘書は教えません。

セヨンは会長の家に行って、ガンジェが本当の息子なのか確かめます。

そして、「俺に冷たすぎた。・・・会社はガンジェに譲らない。」と言います。

あんなに怒るなんて、何不自由なく育てられても、愛情を受けてなかったということでしょうね。

ガンジェは、ミジュからもらった海南島で観光したときの音声付アルバムを見て、ミジュのことを思い出しています。

見ていて、ミジュに会いたくてたまらず、部屋を飛び出しますが、ガンジェの住むホテルの外まで来ていたミジュから電話がかかります。

自分に電話しているミジュを見つけますが、ミジュは会わずに帰ってしまい、ガンジェもロビーのソファーに座り込んでしまいます。

会いたいのに会えないんだよね。

そこへユジンが来てガンジェを食事に誘います。

食事中、ユジンは流産したことを告げ、謝りますが、ガンジェが知っていて黙っていたと知り、怒って帰ってしまいます。

ガンジェが流産したことを知っていてプロポーズしたなら、うれしいと思うのに、そんなに単純ではないようです。

ユジンはそのあと、ミジュに「彼から手を引いて」と言いに行きます。

ガンジェと元には戻れないけど、ガンジェとミジュが結ばれるのは許せないということかな。

でも、セヨンはガンジェに「ミジュをしっかり捕まえろ。俺はあきらめたから。」と言ってあげます。

ガンジェとアニキ(会長についている人)がチャンベのことを話しているのを会長が見てしまい、会長はチャンベがガンジェを刺したことを知ってしまいます。

チャンベと付き人の裏切りを知って、会長は怒っていても、なぜか「セヨンに本当のことを知られた。でもまだ自分を息子と思っている。ガンジェに(会社を?)譲る準備をしろ。」と言います。

クリスマス休暇の前、セヨンがミジュに電話をかけ、「君を自由にするのがプレゼントだ。」と言い、1人でどこかへ出かけます。

仕事の帰りにミジュの車が突然動かなくなって、後ろについていたガンジェが、先輩に頼んで助けます。

そこへ、チャンベから電話がきて、脅迫みたいな感じで信島へ呼び出し?ます。

実際には子供に遊ばれていておもしろかったけど。

ガンジェとミジュが急いで信島に行くと、チャンベたちはあっけなく引き上げます。

車の故障といい、チャンベの脅迫といい、なんか無理やりという感じで、変だなあ。

とにかく、ガンジェはミジュと教会でクリスマスの劇の準備をしたり、子供たちとミジュの踊りを見たりして、幸せそうです。

夜、ガンジェが部屋のベッドでくつろいでいるとミジュがケーキを持って部屋にやってきます。

あと2話だからそろそろ気持ちを確かめあえるかな?

・・・なんて、16話で終わりだと勘違いしていました。20話もあるんですね。

まだまだだ~。

|
|

« やりたいことがいろいろ | トップページ | 「ありがとうございます」1・2話 »

恋人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281056/8607324

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋人」14話:

« やりたいことがいろいろ | トップページ | 「ありがとうございます」1・2話 »