« 「ありがとうございます」1・2話 | トップページ | がんばっている人はすごい! »

「ありがとうございます」3・4話

3話

ギソはなくした携帯を探しに再びヨンシンの家に行きます。

Cap086 携帯は見つかりませんが、ぬいぐるみを売ってもらおうと、お金を出しますが、ヨンシンは受け取らないで、ぬいぐるみを返します。

その後食堂も民宿も近くにないので、ヨンシンに食事をごちそうになり、泊めてもらうことになります。

ソッキョンはギソが消えたので、島を探し回ります。途中で、昔を思い出します。

ソッキョンは入隊前にヨンシンをものにできるかどうか、友達と賭けをして、ヨンシンと寝てしまったのでした。

Cap087 ヨンシンがポウムの家にボミを迎えにいこうとすると、ソッキョンがボミをおんぶして家に来る途中でした。

ソッキョンはヨンシンにボミの父親は誰かと聞きますが、ヨンシンは「天使」だと答えます。

次の朝、ギソは村の人にひどいことを言ったので、ヨンシンが怒ると出て行ってしまいました。

途中で祖父に会い、祖父はギソについてきて、倒れてしまったので、ギソは祖父をヨンシンの家に送り、また出て行きます。

ソッキョンの母は、また、ヨンシンにお見合いの話を持って行き、ヨンシンも「祖父とボミに相談する」と言って帰ります。

ソッキョンと甥がバスケットをしていました。ソッキョンは上手でかっこいいです。

そこへボミとヨンシンが通りかかり、ボミの顔へボールが当たってしまい鼻血を出します。

Cap090 ソッキョンは助けようとするのですが、ヨンシンは1人で鼻血の始末をさせます。

そこにギソも通りかかり、その場面を見て、ボミがジミンのミスでHIVに感染した子だと気づきます。

4話

ギソは本土に帰ろうとしますが、すでに船は出て、帰れません。

Cap091 ソッキョンはボミのことが気になって、夜、ヨンシンに会いに来ます。

「俺が父親か?」と聞き、「責任も取る」と言うのですが、ヨンシンは「違う」と言い張ります。

でも、ソッキョンはヨンシンの言葉を信じず、「おまえ1人に背負わせてごめん。」と謝ります。

この場面がすごくよかったです。

でも、ヨンシンはソッキョンが自分と寝たのは賭けをしたからだと聞いていたので、本当のことが言えないんだよね。

ギソはしかたなく、古い旅館に泊まりますが、なかなか寝れません。

そして、ジミンの「代わりに(ミスだったことを)伝えて」という言葉を思い出したりして、また、ボミの家にやってきます。

Cap092_2 ボミとヨンシンの会話を聞いているときが幸せそうな表情でした。そして、ボミの「愛しのクレメンタイン」を聞いて、縁側みたいなところで寝てしまいます。

次の朝、出て行こうとした祖父が、ギソを見て、ボミの布団に運んで寝かせてしまいます。

Cap094 Giso

ヨンシンは寝ぼけてギソをボミと間違え、抱きしめて寝てしまいます。

ボミが気づいて、起こしますが、ギソは、まだ部屋を借りているつもりで偉そうに怒ります。そして、ボミにぬいぐるみをあげます。

ソッキョンが祖父を見つけますが、祖父は、ソッキョンの帽子を追いかけて海に落ちてしまいます。

ソッキョンが祖父を助けて家におんぶして帰ってくると、ギソがいるのを見て驚きます。

祖父は一時、呼吸が止まりそうになりますが、ギソが島の医師に助け方を教えて、なんとか回復します。

ボミと祖父が囲碁をしていて、「ボミとはやらない。ソッキョンを呼んで」と言います。ヨンシンは祖父がソッキョンを覚えていたことに驚きます。

Cap099 Cap098

ソッキョンとギソが一緒に飲んで、ソッキョンがギソにお金を渡し、「ヨンシンをあんたが守ってくれ。」と頼みます。

ギソは初め「お宅が支えろ。そんなに心配なら。」と断りますが、話しているうちにひきうけることにします。

ギソがヨンシンの家に帰り、シャワーを浴びようとしますが、ジミンのことを思い出し、服のままシャワーをあびてしまいます。

一つ一つのシーンが丁寧に作られている感じで、きれいです。

「ごめん、愛してる」と同じ監督さんだと聞いた気がするけど、やっぱり雰囲気が似ています。

|
|

« 「ありがとうございます」1・2話 | トップページ | がんばっている人はすごい! »

ありがとうございます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/281056/8634063

この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとうございます」3・4話:

« 「ありがとうございます」1・2話 | トップページ | がんばっている人はすごい! »