« 「初恋」63・64話 | トップページ | どうしようかなあ »

「恋人」19話

ガンジェはミジュの部屋に泊まって、次の朝一緒に出勤します。

セヨンは父を食事に誘い、「育ててくれてありがとう。」と言います。

でも父は「自分の息子ではないと知ったのは、12才のときだ。お前が憎かったから会わないようにした。」と言い、セヨンが「今でも俺がいなければいい?」と聞くと黙ったままでした。

そして、「アメリカへ母と一緒に行きなさい。」と言います。

セヨンが「ありがとう」と言っているのに、ひどいよね。嘘がつけない人なのかもしれないけど、もう少し言い方があるよね。

セヨンは母に「アメリカへ行こう」と言います。セヨンはいい人になったね。

ガンジェとミジュは遊園地で遊び、とても幸せそうです。

この次にすごいことが待っているんだけど・・・

チャンベが手下を連れて、ガンジェの部屋へ行き、会長の遺言状を探させます。

やっと見つけたとき、会長がガンジェに会いにやってきました。

チャンベは会長の目の前で遺言状を破り捨て、会長をナイフで刺してしまいました。

その時、セヨンの母から電話がかかり、「チャンベが会おうといっても会っちゃだめ」と言います。もう遅いよね。でも、反省してセヨンとアメリカに行こうとしていたのかな?

チャンベたちが次はガンジェを殺そうとして駐車場に行くと、ユジンに血がついた手を見られてしまいます。

会長が刺されたことを知って、ガンジェがやってきます。

組は仲間割れが起きて、バンド兄貴がチャンベ側についたようです。

ガンジェは、ミジュとユジンを守るようにオム常務に頼みます。

ミジュはユジンと信島に避難することにします。

ガンジェが会長に付き添っていると、会長は「死ぬ前にお前に会えたから思い残すことはない。・・・セヨンにすまなかったと言ってくれ。・・・お前のことは離れていても、一瞬も忘れたことはない。ずっと会いたかった。」

と言うと、ガンジェも「お父さん」と呼びます。

でも会長は亡くなってしまいました。

セヨンが見舞いに来ますが、遅かったです。

信島にミジュとユジンがいると知ったチャンベの手下が大勢やってきました。

病院にもチャンベたちがやってきました。ガンジェが行こうとすると、セヨンは「必ず戻って来い。」と言います。

チャンベとガンジェが向かい合うと、チャンベはミジュのバックを出し、「ひざまづけ。女が死んでもいいのか。」と言います。

ミジュたちは捕まっちゃったの?

あと、1話だというのにすごいことになっちゃいましたね。

|
|

« 「初恋」63・64話 | トップページ | どうしようかなあ »

恋人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「初恋」63・64話 | トップページ | どうしようかなあ »