« それでもドラマは見ます | トップページ | 学芸会 »

「恋人」18話

ガンジェはチャンベから、セヨンが会長の実の息子ではないと聞きます。

そして、セヨンの母のところへ行って、「チャンベとの仲は知っている。ミジュに手を出すな。息子を守りたいなら。」と言います。

ガンジェはミジュに携帯をプレゼントします。

そして、初給料で恩のある人にプレゼントをすると聞き、ミジュの父へのプレゼントを2人で選びに行きます。

そして、「(花柄のアロハを)笑ったことがない人に送ったら、笑ってくれるかな?」と言います。

そして、川に行き、ミジュに本当の母や父のことを話します。

セヨンがガンジェを呼び出し、「しっかり働け。」と言います。

ガンジェが「お前はなぜ俺が嫌い?・・・」と聞くと、セヨンは「嫌われたおかげで、お前は親父を手に入れた。」と話します。

ガンジェは、ユジンが熱をだした?と聞き、ユジンのところへ行って看病し、おかゆを作って食べさせてあげます。

すると、ユジンもやっと、「自由にしてあげる。」と言います。

でも、ガンジェがユジンのところへ言ったことがミジュの妹?に知れ、父にも伝わってしまいます。

それで、ミジュとガンジェがプレゼントを持って、父を訪ねても、父は結婚を許しません。

会長の遺書を預かっている弁護士がセヨンにお金のため、遺書を見せてしまいます。

セヨンは自分が会長の実の息子ではないと疑われていると知り、母に確かめに行きます。

母は、セヨンが「父に実の息子と認めてもらう。」と言うので、実の息子ではないということを話してしまいます。

ガンジェは会長に会い、「ヤクザになったのは自分の責任」と言い、父を許します。そして、ミジュを呼んで父に結婚相手として?紹介します。

チャンベが、セヨンの母に「ガンジェと会長を一緒に埋めてやる。」と言い、セヨンの母もそれを認め、「遺書を取り戻して。」と頼みます。

でも、セヨンはガンジェに遺書を渡し、「印を押せ。そうしたら、元に戻る。」と言います。そして、「母さんを許してやって。」とも言います。

セヨンは事実を受け入れ、ちゃんとガンジェにすべてを譲ろうとしてるから偉いね。それにあんな母なのに、許してもらおうとするなんて、ほんとに偉いよ。

ガンジェは会長のことを考えるとまだ気持ちが整理できてないのか、ミジュに「1人でいたくない」と言って抱きしめます。

一度、1人で帰ろうとしますがやっぱりすぐ戻ってきて、ミジュになが~いキスをします。

これが有名な場面だね。相変わらず冷めた感じで見ていました。

|
|

« それでもドラマは見ます | トップページ | 学芸会 »

恋人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでもドラマは見ます | トップページ | 学芸会 »