« 「犬と狼の時間」1話 | トップページ | 子供たちに贈る本 »

「犬と狼の時間」2話

カン氏(スヒョンの母の先輩)は、スヒョンを韓国へ連れて帰り、育てようとしますが、妻は反対します。

Inu スヒョンも初めは「僕はおじさんの子じゃない」と言って反発していましたが、カン氏は「私たちは家族だ」と叱ります。しだいにスヒョンはカン氏の息子ミンギとも仲良くなります。

大人になったスヒョン(イ・ジュンギ)は、空港でテロリストを捕まえようとしています。

ミンギも一緒に働いていますが、仕事中、女性をい追いかけています。

やっと捕まえましたが、なんだ、訓練だったみたいです。ハラハラしたのに・・・

ミンギはその女性を夕食に誘いますが、断られます。

その女性はジウ(ナム・サンミ)と名乗っていますが、アリでした。母親が亡くなって、タイから一緒に逃げてきたヨンギルに育てられてきました。

Cap138 スヒョンはすっかりカン氏の家族と本当の家族のようになって、感謝をしていました。

テロリストを捕まえる訓練で所属の部署が決まりました。スヒョンは海外1チームで、さぼっていたミンギ(チョン・ギョンホ)は情報分析科でした。

タイでマフィアに情報を流したタクシー運転手も韓国に戻ってタイ料理の店を経営しているようです。まだ、カン氏とは会っていました。

ミンギは美術鑑賞に出かけ、ジウに近づきます。そして、絵を探してもらうことになりました。

ジウがミンギに絵を持ってきてくれましたが、ミンギはその時仕事を離れることができなかったので、スヒョンが代わりに受け取りに行きます。

Cap139 スヒョンはジウに会っても、最初はアリだと気づきませんでしたが、手帳のアリというタイの文字?を見て気づきました。

スヒョンとアリが小さい頃親友だったことを知ったミンギは二人が仲良く話しているのを見て、嫉妬をします。

Cap141 射撃の練習中、ミンギは「スヒョンは優秀で、俺の自慢だったが、今は勝負をしたくなった。」と言います。

スヒョンは空港でアリの父が入国するのを見て、ついて行きますが、アリの父はそれに気づいて迎えの人たちに知らないふりをさせます。

イ・ジュンギは、なかなかかっこいいけど、はまりそうにはないです。

|
|

« 「犬と狼の時間」1話 | トップページ | 子供たちに贈る本 »

犬と狼の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「犬と狼の時間」1話 | トップページ | 子供たちに贈る本 »