« 気合いを入れて | トップページ | 「犬と狼の時間」7話 »

「犬と狼の時間」6話

Cap147 ジウとヨンギルはテニス大会に参加します。

そのときにヨンギルはジウにコミ派のチョン会長を紹介します。

ヨンギルはチョン会長がコミ派だとは知りませんが、チョン会長はヨンギルとジウのことを知っていて、チョンバンとうまく行かなかったときの切り札にしようとしています。

スヒョンはムエタイの試合に出ないつもりでしたが、マオが見に来ていると聞いて、急きょでることにします。

でも、マオを意識したのか、負けてしまい、控え室で座り込んでいました。

Cap148 そこへトニーがやってきて、マオが表彰式でリングに上がったときに撃つという話を聞いてしまいます。

スヒョンがマオを撃とうとした奴をやっつけ、マオを助けます。

韓国ではドンソクとミンギがスチーブン金と取り引きをし、うまくスチーブン金が盗んだ米軍機密をうけとり、スチーブン金は米軍に逮捕されます。

ミンギの同僚のミョンジュはミンギが好きみたいで、ミンギに「好きな人はいる?」と聞きますが、ミンギは正直に「いる。」と答えます。

マオはスヒョンに助けられたのでスヒョンにナイトクラブを任せようとしますが、スヒョンはマオのボディーガードをしたいと頼みます。

マオはスヒョンに2年前殺されかけているので、「会ったことがあるか?」と訪ねますが、「ない」というスヒョンの言葉を信じます。

Cap150 ミンギがジウに新しい腕時計を渡し、「これをそばに置いて、いつかまた、時間が動き出したら、見せてくれ」と言います。

マオが韓国に戻り、事業をすることにしました。しばらくは合法的な事業をするつもりですが、一緒に韓国に来たスヒョンはミンギの父に知らせます。

Cap151 マオの家では壁にかけた絵の奥の金庫に情報がしまってあるみたいです。

ジウはようやくスヒョンを忘れようとして、スヒョンのお墓参りをして、もらった腕時計をそこに置いていきます。

その後、スヒョンが来て腕時計を見て悲しみます。

イ・ジュンギが、だんだんかっこよくなっていきます。

|
|

« 気合いを入れて | トップページ | 「犬と狼の時間」7話 »

犬と狼の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気合いを入れて | トップページ | 「犬と狼の時間」7話 »