« やり直したい | トップページ | お別れ試合 »

「犬と狼の時間」10話

Cap151 マオが部長に会って、ケーを釈放するように頼みますが、部長は、もちろん断ります。

そして、部長自らケーに話を聞きます。ミンギの父が死んだことを話したり、事件のこと以外で話すことはないかと聞いても「ひげがそりたい」とかふざけたように言います。

でも、ひげを剃っているときに、鏡にミンギの父がうつったりして、気になっているようです。

何も証拠がないということで、部長がケーを釈放します。

チョンバンからの命令で、品物が韓国に入ってくることになったので、マオは元コミ派の幹部とヨンギルを集めようとします。

ミンギが、父の財布を見ていると、奥に自分の写真が出てきました。

ミンギはスヒョンのほうが、かわいがられていると思って父に反抗していたので、泣けてきます。やっぱり自分の実の子供だからね。・・・ここは私も泣けました。

ミンギは父が殺された事件のため、内勤になります。

Cap152 ヨンギルとジウはリゾートの投資家に会うことになりますが、それがなんと、マオだったので、びっくりします。

ヨンギルは「投資金を返す」と言いますが、マオは「おまえが断れば、アリが危険だ。」と言い、無理やり、仕事を一緒にさせようとします。

Cap153_2 ケーとジウはマオたちの話し合いを待っている間に話します。

ジウは「父の夢を壊すことは許さない。」と言い、ケーのことを「殺人者」と言いますが、ケーは「人を殺したように見える?」と言って大笑いをします。

でも、昔、ジウと一緒に見た絵(犬と狼の時間と いう題)を見て立ち止まります。

ヨンギルはジウに「大丈夫だ」と言ったので、マオと一緒に仕事をすることにしたようです。

ドンソクが部長に「スヒョンのことをミンギに教えたい」と言って抗議しますが、部長は「時を待て」と言い、「ミンギを引き受けてくれ」と頼みます。

「最高のスパイとは、自分がスパイだと知らない奴だ。」と言います。そのとおり、疑われる心配がなくて、記憶を取りもどせば、、それまでの情報が分かるんだから、いいよね。

元コミ派の幹部たちはマオに不満を持っていて、マオを殺す計画をたてますが、失敗します。

ケーがジウと一緒にリゾートに行き、いろいろ説明してもらいます。

その時、ケーもコミ派の幹部の手下たちに襲われますが、やっつけます。

ミンギがパクという元コミ派の中心幹部を取り押さえます。

マオの復讐をおそれたパクは、ミンギにチョンバンの事業の情報を話そうとしますが、チーム長がミンギを止めます。

その間に、パクはマオたちに脅かされて帰ってしまいます。

ケーは襲われかけた後、ジウと2人でタイランドへ行きます。

そこへミンギも来て、ドンソクに「僕の情報員になって」と頼みます。

Cap154 そして、ミンギはジウとケーが一緒にいるところを見てしまいます。

なんかハラハラドキドキの連続です。次が気になってどんどん見てしまいます。

|
|

« やり直したい | トップページ | お別れ試合 »

犬と狼の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やり直したい | トップページ | お別れ試合 »