« クリスマスプレゼントと携帯 | トップページ | 真面目な娘とやる気のない長男 »

「酒の国」3話

Cap208 ソニの父は亡くなり、ソニは記憶喪失になりますが、おじいさんは、ジユンの父が何か悪いことをしたと気づいて、怒ってソニを連れてどこかの島へ行ってしまいます。

ジユンは一度家に戻ってきますが、家が荒れて、ソニもおじいさんもいなくなったことを知ります。

5年後

Cap209 ジユンは日本の酒の専門学校を卒業し、セワンに就職しました。

ジユンの父も、セワンの専務になっていました。

エリョンが企画部長で、ジユンは企画部に入り、酒の品評会の企画をしようとしています。

エリョンはそれがソニを探すためだと気づいていました。

ソニは漁港で働いていました。おじいさんは心臓の病気で倒れ、寝たきりみたいになっていました。

お酒のことをすごく嫌っています。

ドンイルは理事になっていました。大きなヨットを買ったので、ジユンの企画を海で聞くと言って、エリョンとジユンも海に連れてきました。

ジユンが企画を話しているのに、女の子にオイルを塗ってもらっていたりして、ほんとに怒れます。

Cap211 ジユンが切れそうになりますが、エリョンが怒ってなんとか納めます。

ジユンは先にホテル?に戻ろうとして、ソニとすれ違うんだけど、よくあるパターンで気づかないんだよね。

そのあと、ソニが島の人とケンカをしているところをドンイルが見つけます。

ドンイルが声をかけても、ソニは記憶を失っているので、わからず逃げてしまいます。

エリョンが、ジユンを呼び出し、「一緒に戦うわ。・・・個人的な感情より大きな目標を持って・・・」と言います。

エリョンはジユンがソニが好きなのを知っているけど、ジユンのことが好きみたいですね。

でも、ジユンは「本当に怖いのは、ソニが僕を忘れているかも知れないこと・・・」とソニへの気持ちを話します。

Cap214 ドンイルはソニを呼び出し、記憶を失ったことを知ります。そして、名刺を渡し、後で友達に「使い道を考えよう」なんて言っています。

イ・ドンウクは、本当に憎たらしい役で、こういう役は最近のドラマではめずらしい感じです。

最初にこれを見ていたら、嫌いになっていたかも。今はガマンしてドンイルを見ています。

見るからに嫌な奴なんだけど、ソニと話しているときは、優しい顔になるんだよね。ドンイルの演技なんだけど・・・

エリョンは、ドンイルに企画を通すのをあきらめ、会長や他の理事?たちが集まる会議で、ジユンに発表させます。

すると、会長は企画を認め、支援を約束します。

ソニが、自分の過去を知りたくてドンイルの会社に訪ねてきます。

ジユンはソニとすれ違い後を追いかけます。

|
|

« クリスマスプレゼントと携帯 | トップページ | 真面目な娘とやる気のない長男 »

酒の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスプレゼントと携帯 | トップページ | 真面目な娘とやる気のない長男 »