« 怖くてドキドキ | トップページ | 「酒の国」2話 »

「酒の国」1話

お酒を造っている家に生まれたジユン(キム・ジェウォン)は、高校生であまり勉強しなくて悪友と遊んでいます。

Cap209 同じ家で育ったソニ(キム・ミンジョン)は、酒造りが好きで、家の仕事をよく手伝っています。

この2人は従妹みたいだけど、血はつながってないみたいです。

ジユンはお金がほしくて自分の家のお酒を盗んで売ろうとしますが、ソニに見つかりダメになります。

でも、そのときにばれないように、お酒に不良品?を混ぜてしまったので、後で大変なことになります。

祖父や父、ソニCap212の父に叱られ、家を出ます。

友達の叔父がバーみたいなところで働いていたので、紹介してもらい、そこでウエーターとして働くことにします。

そこの店は韓国一の酒屋、セワン酒造が経営す る店で、セワン酒造の息子のドンイル(イ・ドンウク)が来て、好き勝手なことをしています。

イ・ドンウクは見るからに悪役でかわいそう。

ジユンはソニに「成功してお前を迎えに来る」という置手紙を残してきましたが、心配したソニは、友達にジユンの居場所を聞いて、バーにやってきます。

Cap214 ソニがジユンに「一緒に帰ろう」と言っても聞いてくれないので、カウンターの上に上がって、「責任者出て来い!」と叫びます。

それを見たドンイルがソニに絡んだので、ジユンはドンイルを殴り大騒ぎになります。

友達の叔父がジユンを殴りなんとか騒ぎは終わったみたいです。

Cap216 怪我をして、叔父の家で寝ていたジユンはソニに「何としても、金を稼いでお前と一緒になる。」と言いますが、ソニは「どこにも行かないで」と言って2人はキスをします。

キム・ジェウォンはかっこよく見えるときと変な顔に見えるときがあるけど、好きなほうです。

ロマンスのときが最高によかったなあ。

|
|

« 怖くてドキドキ | トップページ | 「酒の国」2話 »

酒の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖くてドキドキ | トップページ | 「酒の国」2話 »