« 「犬と狼の時間」6話 | トップページ | 個別懇談会 »

「犬と狼の時間」7話

ジウはミンギからもらった腕時計をはめて、ミンギに会いに行きます。

マオはコミ派のチョン会長がフィリピンのマフィアと手を組んで、麻薬をヨンギルの会社の船で運ぼうとしていることを聞き、チョン会長に「ヨンギルから手を引け。・・・私を敵にまわすな。」といいますがチョン会長は「命令は部下に」と言って断ります。

スヒョンはジウには会えないけど、ジウを見ようと家の前まで見に行きます。

でも、ジウはミンギと仲良くなっていて、それを切ない気持ちで見ています。

Cap153 ジウはミンギをヨンギルに紹介し、ヨンギルは好印象を持ったようです。

その後、マオがヨンギルに会いに来て、チョン会長がコミ派だと話します。

ヨンギルが、マオに、「ジウが危険だからタイへ帰れ。」といいますが、マオは「計画があるから、帰れない。でもアリは守る。」と言って帰ります。

スヒョンが例の金庫から、情報を盗み、マオの事業計画を知ります。

そして、ミンギの父に連絡し、「マオを殺してもとの席に戻る。」と言います。

Cap154 でも、マオにお酒を一緒に飲もうと誘われ、そのときにアルバムを見せられ、ジウがマオの娘だと知り、殺せなくなってしまいます。

そしてマオは「ジウを守れ。」とスヒョンに指示します。

ヨンギルがチョン会長に品物を運ぶ仕事を断ると、チョン会長は部下の勧めで、ジウを誘拐しようとします。

Cap159 ジウが仁川の埠頭で仕事をしているとき、コミ派が拉致しようとするところをジウを見張っていたスヒョンが車に乗せて助けます。

ここが1話の冒頭でした。

スヒョンはジウをコミ派のいないところへおろすと、後を追ってきたコミ派は銃を乱射し、スヒョンは撃たれて車ごと海に投げ出されてしまいます。

ジウが誘拐されそうになったことを聞いたマオは、チョン会長に宣戦布告をします。そしてケー(スヒョン)を探し出すよう指示します。

スヒョンは田舎の岩辺に流れ着いていました。

Cap160 そこで働いていたおばあさんに助けてもらい、回復します。

でも記憶を失っていました。

携帯の履歴にある番号にかけると、アファにつながりました。

アファはタイにいる時からスヒョンと一緒にいたチンピラで、ジウを守るときも一緒にいて、コミ派に捕まっていました。

ミンギはジウが誘拐されそうになった事件を調べていて、父に報告しますが、父は「もう後はまかせろ。」と言います。

スヒョンが携帯を使ったので、場所を調べてもらったミンギの父は、スヒョンを近くまで探しに行きますが、もうコミ派はスヒョンの居場所をつきとめ、アファがいる倉庫のようなところへ連れてきていました。

記憶を失ったスヒョンは、アファに自分のことを尋ねます。

ありえないけど、予想のつかない展開で、おもしろいです。

|
|

« 「犬と狼の時間」6話 | トップページ | 個別懇談会 »

犬と狼の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「犬と狼の時間」6話 | トップページ | 個別懇談会 »