« 年末の大仕事 | トップページ | 「犬と狼の時間」2話 »

「犬と狼の時間」1話

「酒の国」を少し見たら、イ・ドンウクがすごく性格悪そうだし、見た目も悪く見せていて、ちょっとがっかりして、後回しにしました。

Cap146 いきなりカーチェイスで始まります。スヒョンは隣にジウ?という女性を乗せて、追われています。途中でジウをおろしすと、その人はふらふらしていて、「スヒョンを見た」と言って、男の人に抱きかかえられます。

スヒョンは銃で撃たれて、車ごと海へ飛び込み、沈んでいきます。

なんかグリーンローズみたいでした。

時はもどって、タイのバンコクです。

小学生のスヒョンとアリはバスの中で出会い、お互いを意識していたみたいです。

スヒョンの母は検事で忙しく、父は亡くなっています。

アリは「おじさん」と呼ぶ人が家にいて、父は出張中です。母は、この「おじさん」に浮気しているみたいです。

スヒョンの母は、ヤクザをずっと追っていて、麻薬取り引きの現場を押さえようとしています。

韓国からやってきたカン先生という人が、スヒョンの母と、取り引きの情報を持っている人を会わせます。その人はチョ・ヨンギル(アリがおじさんと呼んでいた人)でした。

でも、言い合いになり、情報をもらえませんでした。

Cap148 スヒョンはアリが落とした財布を届け、バンコクを観光することになります。

その間に2人は仲良くなりました。

スヒョンは、アリを迎えに来た父に会いました。とても怖そうなヤクザでした。スヒョンはアリに、「仲のよい友達」と紹介され、2人は握手をします。

アリの父は、麻薬取り引きで重要な役割を与えられているようです。

父が帰ってきたので、家族3人になぜかヨンギルも一緒に食事をします。

父は母とヨンギルの仲を知っていて、「生きたければ二人とももうやめろ。」と怒鳴ります。

でも、母は、「いっそ殺して。あなたが嫌い。」と言い、父がヨンギルを殴ったところへアリが来て、父は出て行きます。

このことで、ヨンギルは決心したようで、麻薬取り引きの情報をスヒョンの母に知らせます。

その代わりに、アリとアリの母の3人で安全に韓国に帰れるよう手配してもらいます。

スヒョンが母に「パパから離れる」と言われ、出かける準備をしているとき、スヒョンが来て、二人で大仏のあるところへ行きます。

アリはスヒョンに別れを告げると、スヒョンは作りかけの象の木彫りをあげます。

スヒョンの母たちは情報を得たので、麻薬取り引きの場所に船で向かいます。

Cap151 犯人たちを追い詰めますが、警察がすぐ近くに来ていることを誰かが知らせ、犯人は捕まる直前に麻薬を川に落としてしまいます。

スヒョンの父は、チャンパンという組織に殺されたのか、母は、チョンパンをずっと追っているようですが、あと一息で失敗してしまいまいました。

警察が来ることを知らせたのはタクシーの運転手でカン先生と親しかったのにお金のため、裏切ったようです。

Cap152 母が休暇をとり、スヒョンと夕食を食べに出かけます。

そこで、母は、父の形見の腕時計をスヒョンに渡し、父のことを話そうとすると、料理を持ってきた仮面をかぶった男に銃で撃たれてしまいます。

男はスヒョンも撃とうとしますが、やめます。

その男はアリの父でした。スヒョンはアリの友達で一度握手をしていたので、撃てなかったのです。

スヒョンはカン先生と韓国に戻ります。

カン先生には、スヒョンと同じ年の男の子がいました。これから一緒に育っていくんでしょうね。

まだ、子役が出ているんだけど、初めからすごく面白くてワクワクします。

|
|

« 年末の大仕事 | トップページ | 「犬と狼の時間」2話 »

犬と狼の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末の大仕事 | トップページ | 「犬と狼の時間」2話 »