« 「酒の国」10話 | トップページ | 胃腸病院 »

「酒の国」11話

Cap266 ソニはドンイルがみんなの前で「結婚する」と言ったことに怒りますが、ドンイルは「お前の気持ちはどうでもいい。そばにいてくれれば。」と言います。

ジユンがソニを待っていて、「本当に結婚するつもりか?」と聞きます。ソニは「分からない」と答えますが、ジユンに「消えて!」と言います。

ひどいよね。

でも、ジユンは「姿をみせないように努力する。でも、来てしまっても許してくれ」というのが泣けました。

会長がドンイルに「貧しい酒蔵の娘とはダメだ」と結婚を反対しますが、ドンイルは聞きません。

Cap267 エリョンがソニに「兄を好きじゃないのになぜ結婚する?」と聞き、「兄の不幸は見たくない。」と言います。・・・あんな兄でも大事に思っているんだね。

ジユンの父が、「新天地にサービスをつけろ。」とジユンに指示し、ジユンも従います。

でも、ドンイルが邪魔をしたので、店側はサービスを受け取りません。不審に思ったジユンはドンイルの命令でお酒を売りに来ていたトラックの後をつけて調べます。

でも、サンチョルの命令で、ジユンは数人に殴られてしまいます。

ジユンがサンチョルに「ドンイルの命令か?」と聞きに行くとサンチョルが「ソニがドンイルに頼んだ。」と言うのでショックを受けます。

ソニはサンチョルに「ジユンがケガをした」と聞いて駆けつけますが、エリョンに電話をして、迎えに来てもらいます。

会長が新天地の流通に問題があると聞いて怒ると、ジユンが辞表を出します。

ソニはジユンが辞めると聞いて追いかけますが、二人とも近くにいるのに気づきません。

エリョンがソニに「彼を止めて」と頼みますが、ソニは「ジユンとはもう会えません。」と言います。

ジユンはスングク酒蔵で再びお酒を作ろうとしていました。

ソニの本当の気持ちを知っているオクチョムがエリョンに「2人を会わせて」と頼むと、エリョンはほんとに2人を会わせます。

Cap270 ジユンはソニに「俺を嫌いになっても酒は憎むな。・・・俺だけでもいい酒を作る。・・・・今でも好きだ。だから、つらくなればいつでも来い。」と言います。

ほんとにジユンは優しいなあ。

ソニは帰ってから、待っていたドンイルに「ジユンに会ったけど止められなかった。」と言って泣きます。ドンイルもつらそうです。

ドンイルは、ソニのためにジユンの父に「新天地の改良を中止しろ。」と言います。

ソニがジユンの父に「苦しみながら、罪を償って。私はドンイルと結婚する。」と言っているところをエリョンが聞いてしまいます。

ほんとソニに怒れてくる。ひどい目にあったから、かわいそうだけど、ジユンたちを苦しめて自分も苦しんで何になるの?

|
|

« 「酒の国」10話 | トップページ | 胃腸病院 »

酒の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「酒の国」10話 | トップページ | 胃腸病院 »