« 今年の運勢 | トップページ | 好調をキープ »

「酒の国」最終話

エリョンはジユンに好きと言ってしまって、あわてて「今のは忘れて」と言います。

「いい友達になるから絶対に生きて。」と言います。

Cap285 ドンイルもジユンのことが気に入り、ソニに強引に言い寄ることはせず、ソニといい感じになります。

ジユンは「激しい痛みがあるから入院したほうがいい」と医者に言われますが断ります。

でも、ソニに苦しんでいる姿を見せたくないないので、酒造りの家を訪ねて、お酒を調べる仕事をソニとドンイルの2人で行かせます。

ドンイルはソニと2人で一緒に行った後、エリョンに「幸せをかみ締めていた。まだ、諦めない」というので、エリョンはジユンの病気のことを話します。

エリョンがジユンに「ソニに病気のことを話して」と言いますが、ジユンは「長く幸せでいさせたい。」と断ります。

ジユンは父には病気を打ち明け、最後のお願いで「ソニと仲直りして」と頼んだので、やっと父も反省したようです。

Cap288 「水の記憶」というお酒が完成して、4人で出かけます。

写真を撮ろうとするとき、ジユンは自分の写真が残らないように、自分をとらせないようにするのがかわいそう。

そして、ソニに「お酒が認められたあと、しばらく留守にするかもしれない。」と言って最後の別れCap290 をしておくところも泣けます。

本当に「水の記憶」が完成すると、ジユンの父はソニにやっと「ご苦労さん」と言ってあげるのでした。

品評会に出るため、ソニとジユンが日本に行くことになります。空港に行く前、ジユンは父と会い、父が「日本から戻ったらソニを連れて家に来い」と言い、やっと認めてくれました。

でも、空港へ向かう途中、ジユンは倒れソニにあてた手紙を読むナレーションが入ります。

日本に行く前に亡くなってしまうんでしょうね。

やっぱりさいごが悲劇だと、むなしいなあ。

お話は今ひとつかな?と思うけど、ドンイルが最後の方でいい人になってかっこいいイ・ドンウクがたくさん見れてよかったです。

|
|

« 今年の運勢 | トップページ | 好調をキープ »

酒の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の運勢 | トップページ | 好調をキープ »