« 体験会 | トップページ | 「コーヒープリンス1号店」第13話 »

「コーヒープリンス1号店」第12話

次の日?もウンチャンが店にいるのを見て、ハンギョルは「3分やるから、言いたいことを言って出て行け」と言います。

Cap337 ウンチャンは、「言うのが怖かったけど、それでも言ったのは女にみられたかった。・・・・好きです。それでも出て行けというなら出て行くけど、・・・見ていてはいけませんか?」と泣きながら言うのに、

ハンギョルは、「お前を見る自信がない。俺が知っているウンチャンじゃない。・・・会うのはやめよう」と言います。

・・・ウンチャンは言うだけのことは全部言ったのに、これだけ言ってもだめなの?と私はおもったけど・・・

Cap338 その後、ホン社長が「2人が好き合っていて、ウンチャンが女だったんだからそれでいいじゃないか。辛かったり、愛したことが、そんなに耐えられないことか?」と怒って、仕事をやめて出て行ってしまいます。・・・ホン社長、よく言った!ほんとにそうだよね。

ハンソンもハンギョルに電話します。

「ウンチャンもたくさん泣いたよ。・・・・ウンチャンが「嘘をついた」と話したことはたぶんお前を信じているからだ。」と話しました。

ユジュもハンギョルに会い、「ハンソンが一方的に揺れていただけだから、ウンチャンを許してあげて」と言います。

そして、ユジュはハンソンとのことも「自分がダメだとわかっていても思い通りにならない。」と言います。・・・・一応わかっているんだね。

ハンソンは、ハンギョルとユジュが近くにいても、嫉妬したりしなかったので、ハンギョルは「兄貴はお前を信じているんだ。」と言うと、「もしそうなら、あなたはウンチャンを信じてないのね。」と言います。・・・ズキッとする言葉だね。

ユジュがニューヨークに出発する日、ハンソンはユジュを車に乗せて、最後まで「行くな」と言います。「自分(ユジュ)も揺れたのに、俺が揺れたらどうしてダメなんだ。」と言いますが、ユジュは怒って車を降ります。

ユジュは空港に行きますが、DKとは一緒に行きません。

ハンソンはもう一度空港までユジュを追いかけますが、飛行機は出発した後でした。

Cap339 ウンチャンがヤケ食いしているところへ、偶然ハンソンが来ます。

そして、「ハンギョルも理解するはずだから待ってやれ。」と言います。

店では、ミニョプもソンギもハンギョルに「ウンチャンのことを許してあげて」みたいなことを言います。

ハンギョルはハンソンの家に行き、殴ったことを謝ります。

ハンソンはDKに電話をすると、ユジュがニューヨークに行かなかったことがわかりました。

ウンチャンはハンギョルの家に行きますが、帰ってこないので自分の家に帰ります。内職の栗を袋につめて自転車に乗せていたのですが、袋がやぶれて、栗を落としながら家に帰ります。なんかの童話みたいだね。

Cap340 ウンチャンの家から帰ったハンギョルは栗をみつけ、栗をたどって行きます。

ウンチャンが栗を落としたことに気付き、栗を拾いながらまたハンギョルの家の方に行きます。そして、ついに2人は出会いました。・・・ここの演出いいなあ。

栗を拾った後、ハンギョルは「明日から出て来い。・・・嘘をついたことは理解できないけど、お前なしで生きていけると自分に聞いたらダメだった。」と言います。・・・・ちゃんとホン社長の話を聞いていたんだね。

Cap342 お互いに謝り、ハンギョルはウンチャンの肩にもたれかかり、「お前が女でよかった」と言います。・・・やっと気付いたの~

ウンチャンが軽くキスしたりしてかわいいなあ。

2人が店にもどりますが、みんな仲直りしたのかどうか不安です。

でも、昨日2人は一緒だったと聞いて喜びます。

Cap343 ハンギョルとウンチャンが2人で歩いていて、ハンギョルがみんなに「(こいつ)女です。」とふれまわるのが面白いです。

夜もウンチャンがハンギョルに電話をします。

ウンチャンが「愛している」と言うと、「お前よりも俺のほうが愛してる。」とハンギョルが言い、幸せいっぱいです。

|
|

« 体験会 | トップページ | 「コーヒープリンス1号店」第13話 »

コーヒープリンス1号店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体験会 | トップページ | 「コーヒープリンス1号店」第13話 »