« 「太王四神記」第17話 | トップページ | のんびりできて・・・ »

「太王四神記」第18話

Cap302 ゾルノ部族長のフクゲはスジニを養女にして、先代王との「娘をタムドクの嫁にする」という約束を果たそうとします。

スジニも一瞬喜びますが、ヒョンゴに「キハとお前のどちらかが朱雀だ。朱雀の印が出たら、お前を殺す。・・・王の妃にはなれない。」と聞き、涙を流します。

スジニが大殿で飲んでいるとタムドクが来ました。

Cap304 「養女はいやか?お前はつぶれるまで飲むし、私は不眠症だから、毎晩一緒にいればいい。」とプロポーズのようなことを言うのでどきっとしましたが、冗談なんだね。

ここの会話はよくわからないけど、タムドクはほんとにスジニを親友だと思っているのかなあ。

タムドクもスジニを好きなんだけど、まだ自覚していないのかなあ。タムドクの気持ちがよく読み取れませんでした。

でも、タムドクがスジニの肩を組んでお酒を飲んだり、スジニがタムドクの肩にもたれたりして、いい感じです。

ガリョがタムドクを国内城に入れさせないことを認めていたので、「処刑か追放を」とタムドクに言います。ガリョは青龍が目覚めたところを自分の目で見ているので、ジュシン王はホゲではなくタムドクだと気付いているのですが、「私は息子を選んだ。・・・その結果を受け入れます」と言います。

Cap305 タムドクは、みんなの前で、「戦いは復讐を生む。・・・百済と戦わなくてもみんなが平和に暮らせるようにできる」と話します。

ヒョンゴがチェロに青龍の神物を返しに行きます。

「ずっとスジニに会うことを夢見ていたが、会えたから夢はいらない。」と言って、受け取りません。

チェロはスジニが好きなんだけど、スジニはタムドクが好きで、どうにもならないことを知っているんだね。

タムドクはホゲに使いを送り、「すべての兵士を連れて帰れ。そうしないと大逆罪とする。」と伝えさせます。

Cap307 でも、ホゲは次々と皐蘭の村を制圧していきます。契丹村で、やっと村長からパソンの兄が「プルドル」という名前だと聞きます。

ホゲは言いそびれたけど「明朗少女成功記」でチャン・ナラを好きになる、友達のオッパだよね。優しいけど頼りなさそうな役でしたね。

このドラマでは、だんだん悪いやつになっていっちゃうけど、なかなかかっこいいです。

ジャンロはチョロの剣に飛ばされてもまだ生きていて、洞窟に隠れて?いました。

サリャンに「キハのお腹に子供がいることをタムドクに言ってはいけない。

Cap308 子供が生まれて、女だったら、火天会の頭首にし、息子だったら、心臓をとりあげてもって来い」と言います。

フクゲがタムドクに「どうしてキハをそのままにしておくのか」と責めますが、「法によって神堂は審判される。」「私の心が彼女を思っているか尋ねているのか?」と聞き返します。

タムドクはガリョに「もうすぐ北へ軍を出し、ホゲにやられた人々と同盟を結びホゲを倒す。」と話します。

Cap310 スジニがチョロと一緒にキハに会いに行きます。「朱雀の心臓をヘ氏家から盗んだでしょう?」と聞き、「両親が殺された仇を討つ」と言って、キハを倒そうとします。サリャンがキハを守るためスジニを攻撃すると今度はチョロがスジニを助け、キハとスジニの戦いになります。

|
|

« 「太王四神記」第17話 | トップページ | のんびりできて・・・ »

太王四神記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「太王四神記」第17話 | トップページ | のんびりできて・・・ »