« 講演会 | トップページ | 「コーヒープリンス1号店」第3話 »

「コーヒープリンス1号店」第2話

ハンギョルは、ウンチャンを恋人?に見せかけ、お見合い話をことわろうとします。

まず、雇用計画書を作るんだけど、ハンギョルはウンチャンを本当に男だと思っているようです。

Cap348 契約をし、ウンチャンを送って行くんだけど、ウンチャンが車の屋根を開けてはしゃぐので、ハンギョルも半分あきれて、半分「かわいい奴だなあ」という感じです。

ユジュがハンソンを呼び出し、一緒にハンソンの家に行ってもらいます。

ハンソンは家に帰る前にウンチャンと偶然に会って、お互い自己紹介をし、「2年前好きな女がいたけど、突然いなくなって、また現われたからどうしようか悩んでいる」と自分のことを友達の話として、ウンチャンに話しました。

ハンソンが家に帰ると、家の前でユジュとハンギョルが待っていました。ハンギョルはすぐに帰り、ユジュは「DKと分かれたの。また、付き合いたいんだけど」と言います。

ハンソンは無視して一度家の中にはいりますが、また外に出てユジュを家の中に連れて行き、いきなりキスをします。

Cap349 ユジュはその晩泊まって、次の朝、ハンソンは「帰れよ。2度と会うのはやめよう」と言います。

傷つけるために一晩寝たみたいなことを言うので、ユジュは黙って帰ります。

でも帰った後、ハンソンは「行けって言えば本当に行くんだな」と言います。

なんていう人?行ってほしくないなら「帰れ・・・」なんて傷つけるようなことを言わなきゃいいのに。

ハンギョルとウンチャンは作戦を実行します。

Cap350 お見合いの席でキスをする振りをして、相手を怒らせ、何人も相手を帰らせました。

2人は作戦が成功して喜び、ハンギョルは弾みで本当にキスをしてしまいます。

母は、「ゲイだという噂が立っている」と言って怒っています。

どうせなら女装させればよかったのに、女装までさせるのは悪いとおもったのかなあ?

Cap351 ハンギョルの祖母(会長)は、ケシク(ウンチャン家族の大家さんで、例の喫茶店の店長)を呼び出します。

ケシクはまさか会長の息子なの?今まで店を持たせてもうまくいかなかったみたいで、今度は「お金を渡すから、3ヶ月で3倍にしなさい」と会長は怒っています。

ハンギョルとウンチャンは食事をします。

食事中、ハンギョルは、ウンチャンは嗅覚が鋭いことを知ります。

そして、ハンギョルは誤ってお酒をコップ1杯飲んでしまい、つぶれてしまいます。

仕方なくウンチャンはおんぶして道場に連れて行き、隅で寝かせます。よくあんな大きな人をおんぶできたね。

ウンセの学校から電話がかかってきて、ウンセが友達にお金を貸して儲けていることを先生に聞かされ叱られます。

ウンセは母のバイト代を元手に、お金を儲けて、歌謡学院に行くつもりのようです。

Cap352 ハンギョルはウンチャンの家で、ウンチャンの小さいときの写真を見たり、今の1日の働きづめの日課表を見たりします。そして、ウチャンに時計とメモを置いて帰ります。

ハンソンはユジュのことをいろいろ思い出し、我慢できなくてユジュの家に行きます。

Cap353 ハンソンはユジュに嫌味みたいなことを言うんだけど、ユジュは後ろから抱きつき、「(来てくれて)ありがとう。」と言います。

ハンギョルは結婚式の夢を見ていて、最初は花嫁がユジュみたいでしたが顔を見ると、ウンチャンでびっくりし、うなされます。

Cap354 そこにウンチャンから「いつまでにお金を返せばいい?」という電話がかかり、最初怒っていますが、ウンチャンが「ありがとう」と最後に言ったので、にこっと笑います。

ハンギョルの祖母はケシクの喫茶店にハンギョルを連れて行き、ケシクを「お前の師匠のホン社長だ」と紹介するのでハンギョルは、驚きます。

|
|

« 講演会 | トップページ | 「コーヒープリンス1号店」第3話 »

コーヒープリンス1号店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 講演会 | トップページ | 「コーヒープリンス1号店」第3話 »