« ドッジボール大会 | トップページ | 推薦入試 »

「コーヒープリンス1号店」第7話

ハンギョルはウンチャンと抱き合った後、「たいしたことないな。ごくろうさん」と言って別れますが、たいしたことあったみたいで、お互いドキドキしたのか、胸を押さえています。

Cap329 次の日、店の営業中なのに、ウンチャンを本屋に連れて行き、たくさんの本を買ってウンチャンに持たせます。

それは「パリスタ?になりたい」というウンチャンの勉強のために買ってあげたのでした。

帰り道、ハンソンからウンチャンに電話がかかり、ハンソンは歌を聴いてもらおうとするのですが、ハンギョルと一緒だと知って後でかけることにします。

Cap330 帰りに電車に乗りますが、満員電車で、2人は押されてずっとくっついていました。

ハンギョルは店の1ヶ月記念に従業員たちにレゴをプレゼントするのですが、ウンチャンだけもらえません。

ウンチャンの家で法事があって、従業員たちはみんな行くことにしますが、ハンギョルだけ行きません。ウンチャンがハンギョルを見ていると「俺が好きか?やめとけ、苦しむだけだ。」とかつい言ってしまうし、ハンギョルはなかなか素直に?なれません。

でも、後で、ウンチャンにはたくさんのレゴをあげました。

ウンチャンが電話をかけて「大きなプレゼントをくれた理由は?」と聞いても

ちゃんと答えません。

次の朝、ウンチャンは法事の残り物を持って、ハンギョルの家に行きました。

でも、ハンギョルはジョギング中で、ウンチャンと会うのは意識しすぎるからまずいと思ったのか、ユジュを呼び出します。

Cap331 ユジュのもってきてくれた海苔巻きを食べながら、ハンギョルとウンチャンはけんかをしてしまいます。

ハンギョルはウンチャンが貧乏だという話をしてしまうし、ウンチャンは「(ユジュが)習慣」という話をしてしまいます。

2人がけんかをするのでユジュはその場に居づらい感じです。

Cap333 Cap334

ウンチャンが客のわがままを怒っているのを見て、ハンギョルが怒り、またけんかになります。そして、ウンチャンはついに出て行くことにします。

ウンチャンはつらくてハンソンと飲んだり、夜のドライブに行ったりします。

また、レコーディングの部屋みたいなところでいろいろな楽器で遊んだりして、ハンソンはユジュの電話に気付きません。

ユジュがハンギョルのところに来て、「ハンソンに彼女ができた」と話したあと,ハンギョルがウンチャンをクビにした話を聞いて、ニューヨークで上司とけんかしたときの話をします。

ハンギョルはユジュの話を真似して、「ジャージャー面と牛骨スープとどちらがいい?」と電話して食事に誘います。

Cap335 夜の公園みたいなところで2人は遊び、噴水でびしょぬれになります。

ハンギョルはユジュの前で貧乏だという話をしたことを謝り、「でもお前を一度もバカにしたことはない」と言い、2人は仲直りをします。

次の日、ハンギョルの祖母が倒れ、入院しました。

ハンギョルは、祖母がガンの末期だと知り、ショックを受けます。

Cap336 ウンチャンはハンギョルと連絡が取れないのでハンギョルの家に行って話を聞きます。

元気のないハンギョルに「元気を出してあげようか」と言ってキスをします。

|
|

« ドッジボール大会 | トップページ | 推薦入試 »

コーヒープリンス1号店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドッジボール大会 | トップページ | 推薦入試 »