« 「不良カップル」第3話 | トップページ | 好きな言葉 »

「雪の女王」第2話

ハン・テウン(ヒョンビン)は、ハン・ドックに名前を変えてボクシングの練習をしています。

友達のチョンシクが入院しているので、ドックは病院に行きます。

そこで、ガラスの破片を持って「死んでやる」と叫んでいるキム・ボラ(ソン・ユリ)に会います。

ドックは、「死にたいなら手首でなく頚動脈を切れ」とか言ったので、ボラは騒ぐのをやめます。

ボラはドックを「どこかでみたことある」と思いますが、テウンだと気付きません。

ボラは、家にもどりますが、15年間病気で、20歳までには死んでしまうと言われていたみたいです。

それだからか、すごく傲慢でわがままです。

ドックにボクシングを教えている人が、ドックに「もとの居場所に戻れ」と言いますが、ドックは「あいつ(ジョンギュ)に申し訳なくて・・・」と言います。

Yuki10 ボラは、父を憎んでいるみたいです。父が無理やりお見合いをさせても、わざと病気の話や、父の悪口を言って、話を壊してしまいます。

このお見合いの相手はボラのことを「面白い」と言って好感を持ったみたいだけど、ドックのライバルになるのかな?さわやかでかっこいいです。

ボラはお金持ちなので、高いものを買いまくっています。チュンシクが働いている靴屋に行き、チュンシクが靴を履かせるときに足首をさわってしまったので怒ってクビにしてしまいます。

その靴屋は、ボラの父の会社のものだったみたい。

ドックは、ちょうどそのときに居合わせたので責任を感じて、ボラにチュンシクを許してもらおうとボラの家に行きます。

ちょうど、ボラは外出禁止なのに、無理やり出かけるところで、ドックは運転をさせられます。

ボラはパーティーに行きますが、ドックとの約束を破って、チュンシクのことを助けようとしません。

ドックは引き下がらず、パーティーの中に入り込み、ちょうど絡まれていたボラを助けます。

ドックはボラに言っても聞かないので、父に頼もうとしてボラの家に行こうとしますが、父が車の盗難届けを出したので、二人は警察に捕まってしまいます。

なんとか警察から出してもらえました。ボラはドックに少し気を許したのか、海岸にある兄のお墓に連れて行ってもらいます。

絶壁みたいなところだったので、ドックは心配して近くまで行き、ボラが泣いているところを見てしまい、母のお墓だと勘違いします。

Yuki7 そして、ドックはボラにすずらんを渡し、「幸福が訪れる」という花言葉を教え、「お母さんは幸せだ」と言ったので、ボラは泣いてしまいます。

ボラは家に連れて帰ってもらい、ドックにお礼を言いますが、父が2人を見てしまい、父はドックに「お金のためか?いくら欲しいんだ?」とお金を渡して別れさせようとします。

ドックは「お墓に連れて行っただけ」と言って、お金をもらわず帰ります。

ボラは、父に怒られたので、反発して、「パパが(兄を)殺したのよ」と言います。

父も怒り、無理やり留学させようとします。

ボラは留学に行く前に母に会いに行きます。

母は、子供が2人いて幸せに暮らしているようです。

母はボラを見つけますが、ボラは、「会いたくて来たんじゃない。父や兄を捨て、どれだけ幸せになれるか見に来た。」と言って、素直になれません。

そして、ドックのところにも行って、父の代わりに謝りました。

空港に向かう車の中から、父に電話をして、スズランの花言葉を教え、「幸せになってね」と言います。

でも、ボラは空港に行かずに逃げてしまいます。

ドックもボラがいなくなったことを知り、兄のお墓に駆けつけます。

ジョンギュが自殺してしまったことを思い出し、ボラを死なせたくなくて必死でした。

着くと、ちょうどボラが、絶壁から落ちようとしているところでした。

後ろから抱きつき「死ぬな、死なないでくれ」と言って、止めることができました。

Yuki12ボラの家のお手伝いさんの娘は「ごめん、愛してる」のウンチェの妹ですね。なつかし~い 。ちょっと女らしくなりました。

|
|

« 「不良カップル」第3話 | トップページ | 好きな言葉 »

雪の女王」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「不良カップル」第3話 | トップページ | 好きな言葉 »