« 「キツネちゃん、何しているの」第8話 | トップページ | ピアノの発表会 »

「キツネちゃん、何しているの」第9話

Cap401 ビョンヒとチョルスが抱き合っているところをスンヘに見られてしまったので、

ビョンヒは怖くて逃げ、チョルスが言い訳して何とか切り抜けました。

ヒミョンがビョンヒを昼食に誘いました。

チョルスがビョンヒのことを好きなことに気付いていて、ビョンヒも最初は隠していたけど、認めてしまいます。

ビョンヒがチョルスを夕食に誘います。

ビョンヒが「9歳も離れているし・・・私は常識的に生きているの」と諭すように言いますが、チョルスは「自分の胸に聞いてみろ」とビョンヒも自分のことを好きだとわかっているようです。

Cap402 ビョンヒはジュヒも誘っていて、ジュヒが来ると「二人はお似合い」と言って帰ろうとしますが、チョルスはジュヒの前で「俺の好きな女はこいつだ」と言って帰らせません。

いいねえ。こんなこと言われたら舞い上がっちゃいそうなのに、ビョンヒは拒否し続けます。

「ヒミョンさんとちゃんと付き合いたいの」と言いますが、チョルスは「俺といるより楽か?」と聞き、ビョンヒは「ただ楽なより、ドキドキするほうがいい」と言います。

Cap403 ビョンヒが帰ろうとしてもチョルスは後ろから抱きしめ、「本当に俺にドキドキしたことない?」と聞きますが「ないわ」と言います。

チョルスがかわいそうだけど、この場面いいなあ。

チョルスはショックで、家に閉じこもってしまいます。

ビョンヒが声をかけても何日も出てきません。

スンヘがビョンセを問い詰めますが、ビョンヒは「大事なのは何か会ったことじゃなく、これから先は何もないこと」と言い、スンヘは「今度何か会ったら絶交」と言って、これ以上聞かないことにしました。

ビョンヒはチョルスの部屋の小窓から、「あんたって魅力的だよ。10歳若かったらほれていたかも・・・」と言って、おにぎりを差し入れます。

チョルスはそれで何とか仕事に復帰します。

グァンテという友達が最初はチョルスに「あきらめろ」と言っていたのに、話を聞いているうちに、「こういう時ほど突っ走れ」とけし立てるようなことを言うので、チョルスはまた元気が出てきます。

Cap405 雑誌の10周年記念パーティーがあって、ブルドックもヒミョンも来ました。

なんとチョルスまで花を持ってきました。

でも、社長がビョンヒとヒミョンをからかうので、チョルスは不機嫌でした。

帰るとき、ヒミョンがビョンセに「乗ってください」と言いますが、チョルスも「乗れよ」と対抗して言って、でもビョンヒはヒミョンの車に乗ります。

でも、母から「車が止まったから、チョルスを呼んで来て」という電話が入ったので、チョルスのバイクに乗り換えます。・・・嬉しそうなチョルスがかわい~い。

車を廃車することになり、ビョンセは寂しくて廃車工場までついて行きます。

車の中から、チョルスが旅に出る前に2人で撮った写真が出てきました。

Cap407 車からおりて2人で帰ろうとすると、上から積んであった車が落ちてきて、二人は車と車の隙間に閉じ込められてしまいます。

そして、お互い寝転んで顔が近づいた状態なので、チョルスは心配するビョンヒにキスをします。

ありえない出来事だけど、いいなあこの場面も。

「私の名前はキム・サムスン」と脚本家が一緒だそうで、どうりで面白いわけです。

|
|

« 「キツネちゃん、何しているの」第8話 | トップページ | ピアノの発表会 »

キツネちゃん、何しているの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「キツネちゃん、何しているの」第8話 | トップページ | ピアノの発表会 »