« 野球と勉強とジョギング | トップページ | お花見に行きたかった »

「キツネちゃん、何しているの」第15話

Cap386_2 チョルスは兵務庁に行って、兵役が本人の希望ではないから、取り消してもらおうとしますが、できませんでした。

ビョンセは明るく振舞っていましたが、内心は動揺していました。

Cap387 ジュニがブルドックに「結婚しよう」と言いますが、ブルドックは無視して、留学の資料を渡します。

でもジュニは「死んでも(留学に)行かない。」と言います。

チョルスとビョンヒは仕事をサボって、スケートにCap389_2 行きます。

その後、チョルスはビョンヒが動揺しているのがわかっていて、「不安なら不安と言え。」と言ったので、ビョンヒも正直に「この状況が怖い」と言います。

Cap391_2 ジュニがブルドックの朝食を作り、「あなた」とか呼んでいますが、ブルドックは、受け入れません。

社長が「正しい生活協議会」に訴えられ、廃刊の危機に陥ります。

Cap393 警察で、ヒミョンも来て、何とか協議会の会長をなだめようとしていましたが、チョルスも来てまた、会長を怒らせてしまいます。

それで、ビョンヒが怒ってけんかになり、最後には「(チョルスを)待たない、いえ、待てない!」と言ってしまいます。

あと、1話なのにけんかしちゃって・・・

ビョンヒはヒミョンとのみに行き、「2年待ってもお荷物になる可能性がある。・・・いっそのことふってくれたらいいのに・・・」と愚痴を言います。

Cap395_2 それで、ヒミョンはビョンヒを送ったあと、チョルスと話します。

「ビョンヒさんを解放してやれ。君が終わらせるべきだ。」と言います。

オ室長が、不動産やをやめ、鍼治療院を始めることにします。

ブルドックはジュヒを避けて海外出張に行っていることにします。

警察から雑誌社に「告訴は取り消された」という連絡が来ますが、社長は切れていて、廃刊にするみたいです。

チョルスは2日もビョンヒと連絡をとらなかったのですが、高級レストランを予約して、ビョンヒを誘います。

ビョンヒは「警察署でのひどい言葉を忘れて。」と言って謝ります。

チョルスは「来月の誕生日プレゼント」と言って、きれいな小さな箱を渡します。指輪っぽいんだけど違うよね?

でも、「必ず誕生日に開けて」と言います。

チョルスはビョンヒを送り、別れ際に抱きしめます。

Cap396_2 「・・・雪の日にもクリスマスの日にも一人でいないで人と会えよ。・・・飲みたくなったらペ・ドクターに会えよ。」と言います。

ビョンヒが「どうしたの?」と聞くと、「俺たち別れよう。・・・待つなってことだよ、バカ。」と言います。切ないようweep

|
|

« 野球と勉強とジョギング | トップページ | お花見に行きたかった »

キツネちゃん、何しているの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野球と勉強とジョギング | トップページ | お花見に行きたかった »