« 「外科医ポン・ダルヒ」第4話 | トップページ | お出かけ »

「雪の女王」第10話

ボラが告白しているところをチュンシクとスンニが見ていました。

ボラは二人に気付いて出て行き、後で告白したことを後悔します。

Cap392_2  ドックはボラに「お兄ちゃんみたいで楽だから、勘違いしているんだ。・・・聞かなかったことにする。」と言います。

ボラが「簡単に言ったんじゃない。見るとドキドキして大変なの。」と言いますがドックは信じず、「ジムに来るな」と突き放します。

ドックが母にボラのこと相談しますが、母は、「全部話してもそれでも好きというならつき合いな」と答えます。

でも、ドックはジョンギュとのことをを話せばボラが傷つくと思って、ボラの気持ちを受け入れようとしません。

Cap394 ドックはジョンギュのお墓に行き、「俺がボラを傷つけても1度だけ見逃して。」と言います。

館長がドックのお母さんからドックのことを頼まれたので、新人戦に出すことにします。

ドックが練習を始めると、ボラが来ました。

ボラが、「ただ、お兄ちゃんみたいに楽に接して。」と言っても、ドックは拒否してしまいます。

Cap396 ボラはドックの母のところへ「ドックが好きなんです。」と言いに行きますが、母も「手伝えない」と冷たくしてしまいます。

ドックが、そのことを聞いて、ボラを追いかけますが、結局声をかけられないのが切ないです。

Cap398 新人戦が始まりました。ドックは勝ち進みます。

ボラがまた、ドックを訪ねてきて、「3分だけ正直になろう。・・・私を好きになったことはない?・・・」といろいろ聞きますが、ドックは否定します。

Cap399_2 次の日の試合、ボラが見に来たのを見て、ドックは殴られてしまいます。殴られながら「俺のために泣くな」とボラのことを考えていました。

ボラがジョンギュとのことを聞けば、少しは傷つくかもしれないけど、ドックのせいで死んだわけじゃないから、言えばいいのにと思うよ。

ボラは拒否されたほうが、辛いと思うけど・・・

|
|

« 「外科医ポン・ダルヒ」第4話 | トップページ | お出かけ »

雪の女王」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「外科医ポン・ダルヒ」第4話 | トップページ | お出かけ »