« ピアノの練習 | トップページ | 庭にも目を向けよう »

「雪の女王」第9話

ドックは、ボラに「1度だけ抱きしめていい?」と言い、抱きしめると、「ごめん」と言って帰ります。

ボラが好きなのに、ジョンギュの妹だとわかって離れることにしたんだね。

ボラは、父にゴヌと別れたと言うと、父も「やりたいようにやれ。」と認めます。

でも、「母さんには会うな。」と言います。

ドックは仕事を休み、ジョンギュのお墓参りをします。

仕事を休んだドックを心配して、ボラはジムに行きます。

Cap386 すると、ドックが熱を出して倒れていました。

ボラはゴヌをよんでドックを診てもらいます。ゴヌが、治療が終わって、ボラを送ろうとしますが、ボラは「ドックを置いて帰れない」と言います。

次の日、ドックはボラに、ジョンギュの名前はふせCap387 て、「俺のせいで友達が死んだ。」と、ジョンギュの話をします。

ドックは、ボラを母のところに連れて行きます。

そして、「好きな人ができたら連れて来いと言ったろ?今日じゃなきゃ連れて来れない気がすCap388 る。・・・ジョンギュの妹だ。」と教えます。

ジヘが、ゴヌがドックを知っているのに、ハン・テウンという名前を知らないことを不思議に思います。

ドックは会長に運転手を辞めて勉強をすることを話します。

会長は、最後に前の家に行って、ボラが描いた絵をもってくるように頼みます。

ドックが会長に絵を持って行って、ジョンギュの友達に会ってみたいか聞きます。会長は「友達が幸せでも不幸でも、胸が痛む。」というようなことを言ったので、話せませんでした。

Cap389 ゴヌはボラに別れを告げ、万歩計も返してもらいました。

ドックは、ボラに、ドックとジョンギュの関係を知られないように、ジヘに「俺がハン・テウンだと言うな。」と口止めをします。

Cap390 そして、ジヘにも「ボラが好きだ。つらい思いをさせたくない。」と言います。

ボラは、ドックが運転手を辞めたと聞いて、ジムに行きます。

「ゴヌと別れたから辞めなくていい。」と言い、後Cap391 ろから抱きつき、「あんたが好き。本気よ。私のカイはあんたよ。」と言います。

ついに告白しちゃったね。でも、ドックはボラの気持ちを受け入れず、離れようとするだろうなあ。

|
|

« ピアノの練習 | トップページ | 庭にも目を向けよう »

雪の女王」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノの練習 | トップページ | 庭にも目を向けよう »