« 子供たちの春休み | トップページ | 2ヶ月半ぶり »

「不良カップル」第7話

ギチャンがダンジャを連れてきたので、使用人たちは「結婚の承諾を得に来たのでは?」とうわさをしています。

ダンジャはジョンスクに対抗意識を持って、器を磨いたり、普段はやらない体験をします。

ギチャンは両親にダンジャを紹介しようとしますが、ダンジャは「家を見せてと頼んだんです」と話をさえぎります。

Cap440 Cap441

ダンジャはギチャンの母に気に入られようとしますが、しょうゆを大きな瓶からとろうとして体重を前にかけすぎて、瓶に頭をつっこんでしまいました。

ギチャンはジョンスクに、「妹以上に考えたことがない」と言いますが、「これからは妹以上に考えて欲しい」と言われてしまいます。

Cap442 ギチャンの両親はもっとつめたい人かと思っていたけど、なかなか優しいです。でも家を大事に思っているから、ギチャンが結婚したいと言っても、「結婚相手はチェ家の嫁だ。・・・様子をみる。」と言います。

ダンジャは夜、ジョンスクと話します。「ギチャンと結婚するのが子供の頃からの夢だった。遺跡研究員だけど、チェ家の嫁になるから、キョンジュにいる。」という話を聞いて、ダンジャは、自分は嫁には向かないと思ったようです。

食事中にダンジャの父の話が出たので、ダンジャは正直に「父は別の女性と出て行来ました。6歳以来会っていません。母は老人ホームで亡くなりました。」とギチャンの両親に話します。

Cap443 Cap444

ギチャンは初めてその話を聞いたので、「理解しようという気持ちが足りなかった」と謝ります。

ダンジャは次の朝、法事の前に一人でソウルに戻ります。帰るときにギチャンに「とても惨めだった。嫁になる資格もないのに気に入られようとしたから。チェ家の嫁は無理だからふさわしい人を探して」と言います。

7話は、ここからがとても切なかったです。

ユンソクとセヨンが食事をしているところへ、ジュンスとヨンが行きます。

Cap445 近くのテーブルに座って、ユンソクを嫉妬させる計画です。

ユンソクは動揺しますが、ヨンは、見られるのが我慢できず、途中で帰ってしまいます。

でも、家に帰ったから、ユンソクは動揺したのに、「全部食べてから逃げればよかったのに」と平静を装います。

ギチャンはダンジャへ電話しても冷たくされ、ダンジャとの思い出のある無人島に一人で行きます。

そこで、、前にダンジャがギチャンをものにする計画を立てていたことを、船長から聞いてしまいます。

ギチャンはがっかりしますが、でも、ダンジャのことをいろいろ思い出してしまいます。

無人島から帰ってギチャンはダンジャに会いに行きます。

ギチャンは、ダンジャの計画を知った話をして、「どこまでが本当なの?」と怒りますが、ダンジャは「あなたに未練はない。昔の男と付き合い始めた」と言います。

Cap446 そして、ドンイルの夫に頼んで、若い男の人に家に来てもらいます。

ダンジャはギチャンにあきらめさせようとして、家に連れて行って若い男に会わせますが、ギチャンは男にいろいろ質問をして、すぐに嘘を見破ります。

ダンジャは「ギチャンが好き。結婚も考えた。でも、がんばっても無理。」と本当のことを言います。さらに「結婚はできるけど、チェ家の嫁は無理。親を捨てることができる?」と言ったので、ギチャンは何も言えず、帰ります。

Cap448 ユンソクがセヨンと買い物行くと、また、ヨンとユンソクが下着を選んでいるところを見てしまいます。

セヨンはユンソクが嫉妬しているのを見破りますが、ユンソクは「堂々と会えと言った」とか、「チャンを一人にするなと注意しようとした」などど、ごまかします。

でも、ヨンがセヨンが買った服と同じ服を着て、試着室から出るときに、ユンソクたちと会ってしまいます。

今日は、ギチャンとダンジャがすごく切なくて、よかった~。

ギチャンは騙されたことを知っても、ダンジャのことがもう好きだから、許せちゃうんだね。

ユンソクが嫉妬しだしたから、ヨン夫婦の方の話も面白かったです。

|
|

« 子供たちの春休み | トップページ | 2ヶ月半ぶり »

不良カップル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供たちの春休み | トップページ | 2ヶ月半ぶり »