« クレペリン検査 | トップページ | 捨てられない »

「不良カップル」第10話

ダンジャの誕生祝いの食事会にギチャンはジョンスクを連れてきました。

ダンジャとジョンスクはお互いに牽制しあいます。

Cap397 食事の後、ジョンスクはお茶を飲みにみんなを連れて行き、そこで琴の演奏をし、教養?を見せつけます。

ユンソクは、車のトランクに携帯が入っているのを見つけ、尾行されていたことを知ります。

そのことをセヨンにも言い、「離婚届に判を押してもらうつもり」と言いますが、セヨンはもう別れるつもりでいます。

ジョンスクがダンジャを訪ねて来て、「彼(ギチャン)が今もあなたを愛しているから不安。」と言い、会わないように頼みますが、ダンジャはあきらめません。

ダンジャは、ドルスンの夫に「男は細やかな心配りに弱い」とアドバイスされ、クッションやコースターに刺繍をしてギチャンの家にもって行きます。

Cap398 ジョンスクの刺繍があったのですが勝手に自分が作ったものと交換してしまいます。

また、「自分のやり方で強引に攻めなきゃ」と言われ、ギチャンを家に連れて来て、ギチャンの気持ちが書いてあったフイルムを見せて、そのときの気持ちを思い出させる作戦をたてます。

ダンジャは人に頼んで襲われるふりをして、ギチャンに家まで送ってもらいますが、ギチャンは代わりにドルスンを呼んで帰ってしまいます。

ユンソクはヨンにジュンスが家柄もよく、お金持ちだと知らせ、「あいつ(ジュンス)はお前を愛している。二人の幸せを願っている。」と言って、離婚届に判を押させようとします。

でも、ヨンは「私の浮気が離婚の原因みたいじゃない。」と言って、押しません。

ヨンはジュンスに「今までありがとう。中途半端に終わったけど楽しかった」と言って指輪を返します。

Cap401 でも、ジュンスはヨンを食事に誘い、告白をします。弾き語りをするんだけど、最初、「ちょうちょ」を弾くので、「パリの恋人」と一緒だと思ったら、弾き語りの曲まで同じでした。・・・上手だったけど、違う曲がよかったなあ。

「いつの間にか本気で君を好きになっていた。・・・」と真剣に言ったのに、ヨンは黙って帰ってしまいます。ひどすぎ~

本当はヨンも気になっているんだけど、ジュンスから電話がかかっても出ません。

ドルスンの娘、ヨンドゥがギチャンのいる大学の植物園の見学に行くことになり、ダンジャが引率者としてついていきました。

Cap402_2 「毒だから危険」と書いてある実があって、前にギチャンが「盗難防止にそう書いてある」と言ったのを思い出し、ダンジャは食べてしまいます。

ヨンドゥもまねして食べると、本当に倒れてしまいました。

ギチャンとダンジャが病院に運ぶと、ただのアレルギーですぐによくなりました。

Cap403 ダンジャはギチャンと植物園に戻り、いい雰囲気でいると、ジョンスクがやってきました。

ユンソクよりジュンスのほうが絶対いいけど、子供のことを考えるとねえ~

ユンソクもふられそうだから、ヨンの良さを思い出して、戻ってきそうだなあ。

ギチャンは、義理堅い人だから、なかなかダンジャのもとへは戻らないだろうなあ。ダンジャが病気になってしまったからしかたないけど、ジョンスクも少しかわいそう・・・

|
|

« クレペリン検査 | トップページ | 捨てられない »

不良カップル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレペリン検査 | トップページ | 捨てられない »