« 充実した1日 | トップページ | また、PTA総会 »

「君はどの星から来たの」第5話

ヘスの母が、ポクシルの母の生活費と治療費を出してくれるそうです。先生はポクシルに「お母さんが二人いて幸せだ。」と言うし、母も「私は大丈夫よ。」と言うので、ポクシルは、実母のところへ行くことにします。

Cap393 ポクシルは、スンヒに買ってもらった携帯を母にあげてしまいました。

ポクシルは、ソウルに戻っても、まだ出勤できません。

ポクシルは、会長とミヨンに会いました。会長はとても喜んでいます。

Cap394 ポクシルは豪華な自分の部屋を見て喜びますが、実母に「ポクシルを忘れてほしい。」と言われたり、「(今まで)つらかったでしょう?」と言われて複雑な思いです。

スンヒは、ポクシルを探しにソンジョンの家まで行きますが出社したと聞いて、喜んで会社にもどります。

Cap395 初めは、ポクシルを怒りますが、二人で出かけます。

ポクシルに本を渡し、「感想を書け。・・・毎週月曜日はテストだ。」とシナリオライターにするために勉強させようとします。

街で、人々の会話を聞くように言いますが、スンヒの父と会ってしまいました。

ポクシルはソンジョンの家に行きますが、実母に頼まれた人たちに連れ戻されてしまいます。

ポクシルが、映画会社に勤めていること知って、実母たちがいろいろ聞こうとしますが、ミヨンがうまくごまかして、スンヒと働いていることを隠します。

Cap396 後で、ミヨンはヘスのアルバムをポクシルに見せ、ヘスとスンヒのことを話し、スンヒと一緒に働いていることは内緒にするように言います。

ポクシルが会社を辞めるため、荷物の整理をしていると、また、スンヒの忘れ物を届けさせられます。

スンヒが会議で、嫌な奴に悪口を言われているのを聞いて、ポクシルはその人をたたいたりします。

スンヒは自分の育った街へポクシルを連れて行きます。

Cap399 Cap398

ポクシルが実母にもらった赤いハイヒールを履いて靴ずれができたので、スンヒは薬を買って塗ってあげます。

ポクシルは、スンヒの優しさを感じ、妄想したりしますが、「仕事をやめます。・・・嫌になりました。」と言ってしまいます。

でも、近くで鉢植えの花を買って、今までのお礼にスンヒにあげて帰ってしまいます。

夜、田舎の母に電話して、「私、幸せよ。・・・でもどうして涙が出ちゃうの?」と言ったり、スンヒにメールで「あの人は私の姉さんです。」と書いても、送れずに消してしまったりするところが、切ないです。

ポクシルも、月を見ていると、スンヒの顔が映ってしまいます。

ポクシルもスンヒが好きになっちゃいましたね。

|
|

« 充実した1日 | トップページ | また、PTA総会 »

君はどの星から来たの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 充実した1日 | トップページ | また、PTA総会 »