« 組み合わせが決まる | トップページ | 部活と勉強の両立 »

「外科医ポン・ダルヒ」第12話

ダルヒは、殺人犯に刺されてしまいましたが、助かります。

Cap410 ジュングンが、ダルヒに「子どもを見捨てて殺人犯を助けた俺が悪い。」言いますが、ダルヒは「先生のせいじゃない。」と言ってあげます。

ゴヌクもダルヒに会いに行きますが、ダルヒが寝ていたり、すぐに呼び出されたりして会えません。

ダルヒは、まだ安静が必要なのに、早く直そうとCap413 して歩き始めます。

ジュングンが点滴を持って付き添ってあげます。

ある子どもが、風邪で病院に来たので、ムンギョンは、ヘルニアに気付きませんでした。

あとで急にヘルニアの手術をすることになったので、父親がヘルニアを見逃していたムンギョンを責めます。

Cap415 抗議があまりにひどかったので、そこに偶然来たゴヌクがムンギョンをかばい、父親とけんかをします。

その場面をダルヒとジュングンが見ていました。

ダルヒは少し悲しそうです。

ダルヒは、心臓学会に出たくて、がんばって運動しケガを直したのですが、ジュングンは、出席する人を他の人に代えてしまいます。

ダルヒは必死で頼みますが、「今の体調じゃ無理だ・・・」と言ったので、ジュングンはダルヒの心臓の病気を知っていたことに、ダルヒは気付きます。

理事会の投票で、がんセンターを設立することに決まり、ソ部長は怒ります。

ゴヌクは、ジュングンの知り合いに、ジュングンが中学までイ部長の養子だったことを確かめます。

ソ部長は、ゴヌクに「イ部長が院長に立候補するのをくいとめろ。立候補したら、養子を解消したことを世間に公表する」と脅します。

ゴヌクは、ジュングンに「叔父の過去を暴くためにこの病院へきたのか?」と言い合いになります。

その話をダルヒは聞いてしまいました。

Cap418 ゴヌクは、イ部長に出馬を断念するように言いますが、イ部長は聞きません。

ソ部長は、ジュングンに「私に恩を返せ。竣工式で、養子解消のことを話せ。」と言います。

ジュングンが、イ部長の妻を避けるのを見て、ダルヒはジュングンに優しい言葉をかけますが、哀れに思われていると感じたジュングンが、「おれがお前を好きだからか?」とつい言ってしまいます。

Cap419 普通こんなこと言わないよね。

ジュングンが小さいときを思い出します。ジュングンの弟と一緒にお風呂に入っていて、不注意で弟をおぼれさせてしまったから、イ部長が怒って養子を解消したみたいです。

ジュングンは廊下でイ部長に会いますが無視され、竣工式のときに公表することを決意します。

だんだん、ダルヒとジュングンが近づき始めます。

ゴヌクは、ムンギョンのほうに行っちゃいそうだし、楽しみがないなあ。

|
|

« 組み合わせが決まる | トップページ | 部活と勉強の両立 »

外科医ポン・ダルヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 組み合わせが決まる | トップページ | 部活と勉強の両立 »