« 娘の誕生日 | トップページ | 体育祭が重なっちゃう »

「ファン・ジニ」第5話

ウノの母は、「どう償うつもりだ」と言いますが、ジニは謝りません。

Cap385 それで、母はもっと怒り、近くにあった熱湯をジニにかけようとしますが、近くに来ていたベンムがジニをかばい、背中に熱湯を浴びてしまいます。

熱湯をかけるなんて信じられない。

ベンムがひざまづいて謝り、母はやっと帰りました。

オムスは、ヒョングムに「彼はちがうと思っていたのに・・・彼はこの愛を守れないと思います。」と失望します。

Cap386 ジニがベンムにやけどの薬を塗ってあげます。「彼の真心を信じました。」と言いますが、ベンムはあきらめさせようとします。

カウンがジニを呼び出し、「今回のことはなかったことにする」というようなことを言い、あきらめさせようとします。

Cap387 ジニが泣いていると、ベンムは「声を出して泣け。無理忘れようとせず、愛を心に留めよ。・・・嬉しさに微笑むのではなく、苦しみと怒り、その悔しさに微笑めれば真の芸妓」と言います。

そんなのひどすぎだよね。

メヒャンは、競演に勝つため、王室の親族、ビョクケスに目をつけ、味方につけようとします。

前は協力してくれたトクパルも、ウノの母にきつく言われ、ウノを監視します。

ウノはカヨンに手紙を出し、「結婚をやめる」と伝えます。

Cap389 そして、なんとかジニに謝りに行きますが、ジニは心を開かず、オムスに追い返されてしまいます。

ジニと同じ童妓のソムソムは、みんなに化粧水や髪につけるものなどを売ってお金を貯めています。

Cap391 それは、家が貧乏で弟や妹たちにお金を送るためでした。

使用人で、ソムソムの家族の援助をしている男チャンイがいて、ソムソムのことが好きみたいです。

ソムソムも、ジニを応援し、「精進して最高になるのよ。」と言い、一緒に練習しようとします。

ウノがまた、ジニに会いに行ったことを母が知り、トクパルはひどく叩かれます。

Cap392 ウノは母に抗議しますが、受け入れられません。でも、ウノはトクパルに優しい言葉をかけます。

それで、トクパルもウノのために何とかしたいと思い、ジニへの手紙を渡します。

ジニも「会ってきちんと終わらせる」と言って会いに行きます。

Cap393 でも、いつも会う橋に花びらがじゅうたんみたいに敷かれていたり、紐をひくと指輪かが落ちてくる仕掛けがあったりして感激します。

そして、ウノは「千年の間、変わらぬ契り。その珠玉の契りを君に贈らん」と言って二人はキスをします。

このとき流れる曲もいいです。

ウノは子供に見えるけど背が高いんだね。そして、チョ・インソンに似ていると思うなあ。20歳だそうです。

長男と3歳しか違わないよ~

|
|

« 娘の誕生日 | トップページ | 体育祭が重なっちゃう »

ファン・ジニ_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 娘の誕生日 | トップページ | 体育祭が重なっちゃう »