« 「ファン・ジニ」第1話 | トップページ | いつのまにか 目も・・・ »

「90日、愛する時間」第1話

国語の先生の娘のミヨン(キム・ハヌル)とジソク(カン・ジファン)は同じ高校に通っています。

ミヨンは片方の耳が悪いみたいです。

Cap408 二人は偶然職員室で一緒になって、ジソクはミヨンが気になってしまいます。

ジソクがミヨンが習っているピアノ教室に行ったり、帰りに傘を持ってないミヨンを家に送ってあげたりしているうちに、ミヨンもジソクが好きになりつき合いだします。

ジソクがミヨンをお祭りに誘いました。ミヨンにカセCap409 ットを買ってそのときにプレゼントしようと思いましたが、お金が足りません。

それで、ちょうどそこにいた、お金持ちのチョンラン(チョン・ヘヨン)に借りてカセットを買いました。

でも、ミヨンの祖母が急に亡くなり、お祭りに行けなくなりました。

Cap410 でも、なんとジソクが祖母の葬儀に来ていました。

祖母が朝鮮戦争のときに田舎に疎開したときにできた子供がジソクの父だったのです。

父は捨てられたことを恨んで、葬儀でも悪態をついていました。

二人はいとこ同士だったことを知り、傷つきます。

Cap412 ぎこちなくなりますが、ジソクが我慢できずに、ミヨンをまたちがうお祭りに連れて行きます。

見学中に旗が二人の上に落ちてきて、その中で泣きながらキス?をします。

ジソクがソウルに引っ越すことになり、最後の日に、ミヨンの家に行き、「好きになって悪かった。ごめん、俺がいとこで。」と言います。

最後に後ろ向きで「隠れていろよ。現われるな。」と小さい声で言ったので、ミヨンには聞こえませんでした。

忘れようとするのに、また会ったら辛くなるよね。

大学生になり、ジソクはお酒を飲んだり女の人と遊んだりして自堕落な生活を送っていました。

ミヨンもソウルに出てきていました。ジソクのことがまだ好きで、探しているようです。

Cap414 ジソクが、偶然チョンランと会いました。そして二人でいると、ミヨンとも会ってしまいました。

ジソクは「会えて嬉しいよ」と言うものの、ミヨンのことを「故郷の後輩」と紹介したので、ミヨンは傷ついて帰ります。

ジソクもミュージカルの途中で出て行き、ミヨンを探しますが、探せませんでした。

後に、また、街で偶然二人は会いますが、話さずに別れます。

Cap415 でもその時、ジソクは、ミヨンが聞こえないと思って、後ろで「なぜ、現われた。できれば会いたくなかった。気をつけろ、再会したら俺たちは終わりだ。」と言っていました。

ミヨンは耳の手術をしたので、ジソクの言葉が聞こえていたのでした。

「ドラマを見る時間を減らす」と言いながら、見始めてしまいました。でも、一気に見ないで、少しずつ見るつもりです。

カン・ジファンは、お医者さんのチョイ役でしか見たことがなく、主演のドラマは初めて見ます。

ジソクのお母さんが、「バリでの出来事」のヨンジュのお母さんだし、ジソクの友達も「バリでの出来事」のハ・ジウォンの兄だし、強烈な印象の二人だから思い出してしまいました。

あと、チョン・ヘヨンも「火の鳥」では、強烈な役柄でしたね。

キム・ハヌルは好きだけど、このドラマ暗いです。これから、良くなるかなあ?

|
|

« 「ファン・ジニ」第1話 | トップページ | いつのまにか 目も・・・ »

 90日、愛する時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ファン・ジニ」第1話 | トップページ | いつのまにか 目も・・・ »