« いろいろ | トップページ | 今観ているドラマ »

「彼女がラブハンター」第12話

デスンが、マンスに「店長が傷つくから、(復讐計画のことは)絶対に秘密にしてください。」と言います。

そこにスジョンが「秘密って?」と言って現れますが、なんとかごまかします。

ウタクはマンスに家の契約書を返し、マンスを殴ります。

そして、「黙っていてやる。・・・彼女のためだ。でも、あんたのやり方しだいで黙っていない。奪ってやる。」と言って帰ります。

スジョンの店の社長がテナント料を払えなくて、立ち退かないといけなくなりました。

マンスに言うと、マンスは「借金をして店を買収する」と言いますが、スジョンは断ります。

それでアメリカの実業家の友達ダニエルがちょうど韓国に帰ってきたので、マンスはダニエルが買収したことにしてもらいます。

ヨンエが、夫が浮気している場面を見てしまい荷物をまとめて出て行くことにしました。

デスンはウタクを呼び出し、「店長は本当のことを知るべき。」と言いますが、ウタクは「詐欺師も人の道理は守る。」と言って、協力を拒みます。でも、デスンはウタクの後をつけて、住んでいるアパートの場所を調べていました。

スジョンはマンスからもらった指輪とおそろいの指輪を作り、マンスにあげました。そして、「欲を捨てたら幸せになった。」と言います。

スジョンは時計を見るといつも4時44分で、そのことを気にしていましたが、そのときちょうど4時44分で、マンスはスジョンにキスをしたので、「これで、4時44分はロマンチックな気持ちになれる。」とスジョンは言い、とても幸せそうです。

韓国でも4は縁起がよくない数字なんだなあ。

マンスは、夜にスジョンをよんで、プロポーズをするつもりです。

でも、デスンがスジョンの携帯を勝手にもって行き、ウタクのアパートの管理人に「近くに落ちていた」と届けます。

何をするかと思ったら、ウタクをアパートの前に呼び出して、携帯を受け取りに行ったスジョンと会わせたんだね。

大富豪だと思っていたウタクがアパートに住んでいるので、スジョンは驚いてわけを聞きます。

ウタクは「カールに聞いて」と言って本当のことを言わなかったんだけど、スジョンは家に帰って、デスンに聞くと、全部話してしまいました。

それも、「まだ、復讐をあきらめていなくて、これから店長を裏切るかも。」とまで言います。ほんとに憎たらしいです。

でもスジョンは「マンスの言うこと以外信じない。」と言って、マンスに聞きに行きます。

スジョンが、デスンの話は本当か確かめると「僕がバカだった。・・・説明するから聞いてくれ。」と言うのに、スジョンは聞かずに泣き出し、「裏切られるってこんな気持ちなのね。・・・あんたが私を許せなかったわけがわかった。ごめんなさい、ひどいことを言ったわ。」と謝りだすので、許すのかと思ったら、「あんたをゆるせそうにない。どうしよう。」と言います。

スンギュが、マンスがプロポーズをすると聞いて、雰囲気を出すために橋に照明をつけて待っていたんだけど、こんなことになっちゃって・・・

でも、スジョンもお互いが1回ずつ裏切っておあいこなんだから許してあげればいいのに。許したら終わりだから、まだドラマが続いていいけど・・・

オ・ジホとオム・ジョンファは、ちょっと合わない感じだけど、スジョンの役にはオム・ジョンファはぴったりで、笑えます。

今回は、スジョンが指輪をあげて二人の幸せそうなところを見れてよかったです。

|
|

« いろいろ | トップページ | 今観ているドラマ »

彼女がラブハンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろ | トップページ | 今観ているドラマ »