« 見送りの後で・・・ | トップページ | がんばったのに・・・ »

「彼女がラブハンター」第9話

スジョンは、ウタクのプロポーズを承諾したことを友達や、家族に話します。

弟は、「家族のためならやめて。お姉ちゃんがいなくても大丈夫だから。」と言います。さらに、「母さんよりも育ててくれた姉ちゃんが大事」とも言います。お調子者みたいだけど、いいとこあるよね。

ウタクはニセの結婚式の手配をしています。

新聞に「カール・コは実はバツ1」という見出しで、スジョンに逃げられたときの写真入りで載ってしまいます。

それを書いたのは、結婚式の前日スジョンをアメリカに誘ったジェユンでした。

スジョンはジェユンに文句を言いに行きますがとぼけるので、弟にも手伝ってもらって、ネットでジェユンの新聞社に大量の中傷や脅迫の書き込みをします。

でも、ジェユンが警察に調べてもらったので、スジョンたちは警察につかまってしまいます。

スンギュも同じことをして警察に捕まったので、マンスが迎えにきます。

ジェユンも来て、スンギュと弟は許し、帰ることができました。

スジョンにも「謝れば許してやる。」と言いますが、スジョンは謝らなかったので、罰金を払うことになりました。

マンスはジェユンが帰るのを待って、スジョンと逃げた後何があったのかを聞きますが、ジェユンは答えません。

マンスは、コリア・オープンで散々の成績でしたが、なんとか予選は通過しました。

ジェユンはマンスをバカにして、「優勝できたら、逃げた後何があったか答える」と言います。

本戦でマンスは、調子を上げます。

スジョンは、本戦を見に来ましたが、それは罰金が300万ウォンとわかったので、ジェユンに謝りに来たのでした。

でも、スジョンが本戦を見に行ったと聞いて、デスンはウタクにそのことを電話で知らせます。嫌な奴~

マンスが逆転優勝したので、ジェユンはマンスに話します。

スジョンはアメリカへ行く飛行機の中で「家族をアメリカへ呼び寄せる」と言って断られたので別れたのでした。

「条件のためにマンスを捨てたけど、ほんとはマンスを愛していた。」とジェユンに言ったのでした。

それを聞いたマンスはスジョンに「話がある」と言いますが、ウタクがドレス選びのために迎えに来ていて話せませんでした。

その夜、スジョンが話を聞きにマンスに会いにきました。

マンスは、8年前に愛していたのは自分だということを確認し、「今は好きな人がいるのか?」と聞き、「それは誰だ?ウタクか?俺か?」と聞くとスジョンは「あんたよ」と答えました。

スジョンに話しているときのマンスがかっこよかった~

マンスを捨てたのは、自分のためというより家族のためだったけど、お金を選んだことには変わりないから、なんかすっきりしないなあ。

マンスを愛していたことがわかって、それはマンスにとってはうれしいと思うけど、まだウタクを選ぼうとしているしね・・・

|
|

« 見送りの後で・・・ | トップページ | がんばったのに・・・ »

彼女がラブハンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見送りの後で・・・ | トップページ | がんばったのに・・・ »