« 娘の手伝い | トップページ | 4回目の登録 »

「彼女がラブハンター」第1話

1 吹き替えだと思ったら字幕でした。やったー!

でも、だいぶカットされていると思います。

1999年、マンス(オ・ジホ)とスジョン(オム・ジョンファ)は結婚式を明日にひかえていました。

マンスとスジョンは高校のときの同級生でした。スジョンはモテモテの女の子、マンスは太っていて、さえない男の子。でも、スジョンが「ソウル大に入ったらつき合う」と言ったので、マンスは必死12 に勉強して受かってしまいました。

そして、マンスは司法試験の2次まで合格したので、結婚をすることになりました。

でも、結婚式前日に3次試験に落ちたという結果が出て、当日の朝、それをスジョンにつげると、スジョンは結婚式の最中に逃げ出してしまいました。

前日の夜、ジェユンに「ジュエリーデザインの学校に行かせるから、アメリカに一緒に行こう」と誘われていたので、父が借金をして家を差し押さえられていたスジョンは、一緒に行ってしまいました。

スジョンに逃げられたマンスは「世界最高の男になる」と固く決心したのでした。

2007年

マンスは、有名なプロゴルファーになっていました。

やせてかっこよくなって、まるで別人です。

スジョンはジェユンとは一緒になっていなくて、宝石店のやとわれ店長?になっていました。

でも、経営はうまくいっていなくて、給料ももらえてないみたいです。

マンスとスジョンはホテルのエレベーターで偶然会いますが、スジョンは、「前にお会いしたような・・・」と言いますが、マンスだとは気づきません。

マンスは、スジョンのお見合いの席の近くで断られるのを聞いていました。

スジョンは、友達のピルスクの勤めている結婚紹介所?で相手を紹介してもらったのですが、マンスはピルスクの紹介所に行って、入会します。

ピルスクは、マンスが有名なプロゴルファーになったことをスジョンに教えます。

高校の同窓会があり、スジョンとマンスも出かけます。

「オム・ジョンファが苦手」という人をよく聞くけど、私はそうでもありません。「12月の熱帯夜」を観ただけだけど、よかったなあ。

オ・ジホは初めて見ます。まだ、よくわからないけど、時々かっこよく見えました。ドラマも面白そう。

ジェユンはこれからあまりでてこなさそうだけど、「魔王」に出てきた記者の人です。

それから、マンスのマネージャーになりすましている詐欺師の人は「ある素敵な日」で、たぶん、イ・ヨニのお兄ちゃん役でした。何をたくらんでいるんでしょう?

|
|

« 娘の手伝い | トップページ | 4回目の登録 »

彼女がラブハンター」カテゴリの記事

コメント

ぴかりさん、『彼女はラブハンター』観始めたんですね~^^
私もちょっと前まで観てましたwink
最初スジョンがやな女にしか見えませんでしたが
だんだん可愛いとこも見えてきたりして
結構面白かったですよ!


投稿: nao | 2008年9月 4日 (木) 16時12分

そうなんですか~。
確かに、最初のスジョンは、「お金持ちなら誰でもいい」みたいで、嫌ですよね。
でも、よくなるなら楽しみですheart01
ありえないことばかりだけど、笑えて許せちゃいますねsmile

投稿: ぴかり | 2008年9月 4日 (木) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 娘の手伝い | トップページ | 4回目の登録 »