« 「二度目のプロポーズ」第8話 | トップページ | がんばってます »

「一枝梅(イルジメ)」第5話

記憶が戻ったヨンは家に帰り、父に「ありがとう」と言います。

ビョンシクが「シム大監を八つ裂きの刑にすべき」と言ったので、本当にそうなってしまいました。

Cap004  ヨンは別れてしまった母と姉に会いたくてヨンジェに返してもらったお金を使って、母達が流された場所が書いてある?義禁府の書類を盗んでもらおうとします。

でも結局ボンスンにだまされて、またお金を取られてしまったので、今度は自分で書類を取りに行くことにします。

Cap006 前にヨンがギョムだと知っている猟師?がまたお金欲しさに、ヨンのことを調べています。

シム大監の甥、ドゥヒョンも謀反の疑いで捕まってしました。

でも、司憲府の役人に「謀反の全容を明らかにする」と言ったので、役人はビョンシクに資料の提出を求めます。

Cap010 ビョンシクがそのことを王に言うと、王は「文書をなくし、ドゥヒョンの口をつむげばいい」と言ったので、ビョンシクは手下に?義禁府の書庫を燃やさせます。

そして、ドゥヒョンも殺されてしまいました。

ドゥヒョンは自殺とみなされましたが、不審に思う役人もいて、その人の話を聞いたシフも不審に思いますが、それを言うとビョンシクが怒ります。

母たちの居場所がわかる書類を捜しに義禁府に入ったヨンは火事のどさくさにまぎれて探そうとしましたが、役人に見つかって追われてしまいます。

Cap013 そして、なんとドゥヒョンの遺体の隣に隠れていて一緒に運ばれました。

ドゥヒョンは自分の服を裂いた布にシム大監の遺言?を書いて髪をしばっていました。

ヨンはそれを見つけて読んでいましたが、シム大監の家来?に襲われて布がちぎれ、半分は家来に取られてしまいます。

Cap014 「・・・父を殺したのは他でもなく・・・・」の続きしか書いてないみたいでした。

ヨンは家にもどり、セドルと母と話していると、遠くからシフが眺めていました。

シフは、両班の身分よりも両親と暮らしたいみたいです。

シム大監の家来が残した「南門橋の前で待っている」ということづけを母から聞きヨンは出かけます。

会えればシム大監の伝えたかったことがわかるけど、また誰かに襲われそう。

義禁府の書類は燃えてしまったけど、大事なものは機密庫に移したみたいで、謀反に関する資料?は残っているのかな?

次から次へといろんなことが起こって、ついていくのに必死です。

|
|

« 「二度目のプロポーズ」第8話 | トップページ | がんばってます »

一枝梅(イルジメ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「二度目のプロポーズ」第8話 | トップページ | がんばってます »