« 「一枝梅(イルジメ)」第9話 | トップページ | 「二度目のプロポーズ」第16話 »

現実はきびしい

木曜日に、長男がセンター試験の判定をもらってきました。

本人の力は出せたと思いますが、もともと力がないので、第1志望校の判定は、合格率約40%でC判定でした。

後期日程で受けるつもりだった中部地方の大学は、約80%でA判定でした。

私は、第1志望に挑戦してほしいと思ったのですが、先生と本人が話し合って確率の高い方を受けるようです。

先生は、「国公立大合格者〇〇人」という学校の実績を作りたいし、本当に「地元の私立より遠くの国立のほうが就職がいい」と思って言ってくれていると思いますが、可能性があるだけに、挑戦しないであきらめるのは残念です。

私は遠くへ行かせてしまうより、国立がだめでも自宅から通える私立がいいですから。

でも、入試の経験豊かな先生に言われれば、本人も言われるとおりにするし、入試のことがわからない親は何も言えません。

懇談ぐらいあってほしいなあ。先生の説明が聞きたいけど、長男も納得してるから電話するのも・・・と思ってしまいます。

本人が受けたいところを受けるしかないから、親がどう思ってもしかたないですね。

|
|

« 「一枝梅(イルジメ)」第9話 | トップページ | 「二度目のプロポーズ」第16話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おー!
決めましたか!
中部においでの際はぜひご連絡ください。
国立も県大も近いです。県大が歩いて15分位。

このご時世では就職の良い大学に行ってほしいかな~ですcoldsweats02
求人の多い大学に‥ニートに成られては困るからdown
家の坊ちゃんは志は高いようですが結果が低くて‥
気の毒越してかわいそうですcrying

投稿: ロシナンテ | 2009年1月26日 (月) 00時16分

第1志望校はあきらめましたが、まだどこにするかは少し迷っているようです。
残念ですがロシナンテさんの県の大学もとても無理ですsad
私は、すごく昔の話ですが、ロシナンテさんの県の薬科大になぜか受かりました。今は県大に統合されたみたいですね。
入試のときは山がすごく近くに見えて感動しました。
結局通える教育大にしてしまい、すごく苦労しましたけれど・・・

ロシナンテさんの息子さんは、志が高くて、努力もしているから、これから伸びると思いますよ。

投稿: ぴかり | 2009年1月26日 (月) 10時34分

そうそう・・
受けるのも通うのも息子さんだよーん。
本人が希望するところが一番よぉ~。
よかったじやないですかぁupnotes
 
それにレベル高そうな話の内容だわぁー。
希望とは程遠いって人たくさんいるだろうし・・。
ねっ!!

投稿: ビオラ | 2009年1月26日 (月) 14時08分

ビオラさん、こんにちは。
センターを受ける前は、「希望大学はとても無理。」とわかっていたのに、ついつい親バカで実力以上のものを期待してしまいました。
でも子どもの話を聞くと、やっと納得できましたconfident
希望大学には実力が足りなかったということがよくわかり、
「中部地方の大学が受かったらありがたい」と思うようになりましたcoldsweats01

投稿: ぴかり | 2009年1月26日 (月) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「一枝梅(イルジメ)」第9話 | トップページ | 「二度目のプロポーズ」第16話 »