« 子どもの様子 | トップページ | 2004年KBS演技大賞 »

「一枝梅(イルジメ)」第7話

Cap001 ヨンの姉のヨニが捕まったのは、「庶子だから手柄をたてないと出世できない」と言われたシフが告発したみたいです。

ヨンも春画を売っているところがみつかり姉のヨニと一緒の牢屋に入れられます。

でもお互いにきょうだいだとは気づきません。

それどころか、ヨンはヨニが姦通罪でつかまったと聞いてバカにしていました。

ビョンシクは、ヨニがイ・ウォノの娘で弟を探していると聞いて王に言います。

Cap002 ヨニはセドルが「ヨン」と呼んでいるのを聞いてやっと自分の弟のギョムだと気づきましたが、すぐにビョンシクに呼びだされ、「弟の居場所を言え」と言われます。

ヨニが言わないのでひどくむち打たれ、牢屋に連れ戻されます。

ヨニは寝ているヨンに寄り添っていたので、起きCap003 たヨンは「病的なオトコ好きだ」と言って突き飛ばします。

ヨンはすぐに釈放されました。やっと弟に会えたのに言えないヨニがかわいそうでした。

ヨンは役人から「官碑が弟の居場所を吐かないから絞首刑になる。」と聞いて初めて姉のヨニだったと気づきます。

そして、姉を何とか助けようとします。首を絞める縄にハチミツと血をつけておき、後からその縄を見つけてねずみにかじらせます。

ヨンは、牢に忍び込みますが、ヨニの処刑は1日早くなり連れて行かれた後でした。

Cap005 みんなの前で処刑が始まります。

弟が出てくるように役人が呼びかけますが、出てきたのはシフでした。「むち打ちと移動だけ」と約束して告発したのに死刑になったので訴えますが、ダメでした。

ヨンも来ていましたが、ねずみがかじった縄が切れるかどうか実験したら切れたので大丈夫だとCap006 思って止めに出ませんでした。

でも、縄は切れずヨニは亡くなってしまいました。

殺し屋が見ていたので、ヨンは家に帰って平気なふりをしますが、後で昔の家の梅ノ木の前で泣きました。

父が殺されたとき、ヨンは、父が切られた刀に彫ってあった文様をその木に彫っていました。

Cap007 それを見たヨンは忘れないよう自分の胸に刺青をしてもらい、犯人を捕まえると決心します。

ギトギト頭が「母を捜してやる」と言いますが、捜すとまた殺されると思ったヨンは「捜さないで」と言います。

シフはシワンの友達にバカにされ、殴りかかりますが、反対に大勢に殴られてしまいます。

Cap008 殴られ道端に倒れていたシフを助けたのは、ギョム(ヨン)の母みたいです。

ヨンは刀の文様を調べますがわからず、「大事な刀は金持ちの倉の奥深くにしまってある」と言われます。

シワンはビョンシクの助けで科挙に主席で合格します。

シフもなんとか合格しましたが、またシワンにバカにされたので、「必ずあなたの上に立ちます」と言います。

でも、シフは羅将という下級役人に志願したので、ビョンシクが怒り、シワンを羅将の都事にします。

ギトギト頭が、税を納めない人に取立てをしているのを見たヨンは「官史と親しくなれる」と聞いて、ギトギト頭のいるヒマ組みという組に入ることにします。

Cap011 タンはシフがヨニを告発したと聞いて、ショックを受け、「手放さなければよかった」と嘆きます。そういえばシフもヨニと異母兄弟だったんだね。

ヨンは「捕卒(警官?)の募集」の張り紙を見て、「捕卒になる」とセドルに言います。

科挙を受けさせたいセドルをなんとか説得して「捕卒になるから盗みの技術を教えて」と頼んでCap012 教えてもらい、盗人になろうとしているようです。

今回はほんとにかわいそうで見ていられなかった。こんなに残酷なことってある?ヨニとヨンがかわいそうすぎて泣けました。

|
|

« 子どもの様子 | トップページ | 2004年KBS演技大賞 »

一枝梅(イルジメ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どもの様子 | トップページ | 2004年KBS演技大賞 »