« 採寸と買い物 | トップページ | 「食客」第14話 »

「食客」第13話

次の日、ソンチャンはギリョンと一緒に山に入り、モンゴリナラの木を探し当てます。

Cap039 そして、木を炭にするのに6日間焼くということでずっと火の番?をすることにしました。

ジンスも司会をクビになって、部長に取材を頼まれたので、ずっとソンチャンと一緒に過ごします。そりゃあ仲良くなるよね~。まあ微笑ましいけど・・

ソングンがボンジュが最高の炭を作るために勉強する姿を見て、ボンジュに香炭の作り方を教える決心をします。

ボンジュを連れて炭を探しに行きました。

でも、探そうとした木はもうソンチャンが切った後でした。

Cap037 ソングンたちはソンチャンに会ったので、久しぶりに3人で飲みました。ソングンは「互いの考えは違ってもお前達は兄妹だ。」と仲直りをしてほしそうです。

ソンチャンが最高の炭を持って帰ったと思ったら、ボンジュにも少し残していっていました。でも、ボンジュはその炭を持ち帰らず、代わりの炭を持って帰りました。帰る途中、ソングンが冬アオイのCap041 葉っぱを取って帰ります。

炭と冬アオイの葉を混ぜて団子状にして焼き、香りのよい炭を作りました。

3回戦が始まりました。「最高の炭焼きを探せ」という課題で、炭の品質、焼き方、味の3つの合計で勝負が決まります。

Cap040 香炭は最高の評価である、10点を取りましたが、ミヌが気を抜いて肉汁を落としてしまったので、焼き方、味は9点で合計は28点でした。

ソンチャンは炭は8点でしたが、ソングンに教わった焼き方で、焼き方と味は10点をとって、合計28点でした。

同点なので決勝戦をやることになりました。

課題は「無限の想像力」で、牛肉を使って自由に料理をするというものです。

ソンチャンはテジン流通の会長にチャウン先生のところに連れて行かれました。チャウン先生はボンジュがチャン会長に資金をもらって雲岩亭を大きくしようとしている話をし、ソンチャンに「雲岩亭に戻れ」と言います。

Cap045 ソンチャンはいろいろ試しに作ってみて主婦を集めて食べる様子を見ます。そしてその中から1つを決めようとしましたが、主婦達から「高くてこんな料理は手が届かない」と聞き、また考え始めます。

4回戦はボンジュが出ることにして、ボンジュもいろいろ考えています。

Cap046 ジュヒとデザートを食べて何かひらめいたようです。

ジンスがまた取材に雲岩亭に来たとき、ミヌが対決から下ろされて荒れていました。そして、ジンスはミヌが料理対決のときにヤマドリを隠そうとしたことを聞いてしまいます。

|
|

« 採寸と買い物 | トップページ | 「食客」第14話 »

食客」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 採寸と買い物 | トップページ | 「食客」第14話 »