« 財テクに目覚める | トップページ | いろいろ »

「花より男子」第10話

Cap001イジョンがサックスをふいているとき、スピョがカウルに声をかけます。

でもカウルはスピョのことを「知らない人」と言い、イジョンもスピョの彼女を無視して、「僕の心を奪ったのはこの人なんです」とみんなにカウルを紹介します。

ジャンディの働いている店に変なおじさんが来ま した。お粥のお店?なのにジャージャー麺を頼んで、代金の換わりに釣ったナマズをおいて帰りました。Cap002

誰だろう?こんな人いたっけ?

カウルにバレンタインの手作りの材料をもらったジャンディは、ちょっとジフのことを考えますが、結局ジュンピョの顔のクッキーを作りました。

ジュンピョを呼び出して、クッキーを渡します。「別の人のために作ったけど失敗したの」と素直ではCap003_2 ありませんが、ジュンピョはうれしそうです。

神話グループ経営のお店でバレンタインのイベントがあり、「一番長く相手にしがみついていたカップルが優勝」というゲームにジャンディたちは参加しました。

1時間ぐらい経過して最後の2組に残ったのですが、ジュンピョが店に来ていた母を見てしまい、ジCap004 ャンディを下ろしてしまいました。

母はジュンピョを連れて帰ってしまったので、ジャンディは寂しく1人で帰ります。

カウルもバレンタインのプレゼントを作ってイジョンを待っていましたが、二人の女性を連れたイジョンに会い、たくさんのプレゼントを見てしまったので、すぐに帰ろうとします。

Cap005 イジョンは追いかけて「芝居を現実と錯覚しちゃダメだ」と言いながらも、「運命の人が現れるまで預かっておくよ。」とプレゼントをもらって帰ります。

イジョンも素直じゃないね。

ジャンディが帰り道を1人で歩いていると、ジフがまた現れてバイクに乗せて家まで送ってくれましCap0061 た。ジュンピョがジフに頼んだみたいです。

ジャンディがバイクに置いていったクッキーをジフが家で見ていると、ジュンピョが来ました。

ジフがクッキーをかじったので、ジュンピョは怒ります。

でも、ジュンピョが「あいつに何か起きそうで不安なんだ」と言うと、ジフは「お前にはいつも俺達がいる。」と励ましてあげます。

Cap007 ジュンピョの母がジャンディの家に行き、3億ウォンを渡してジュンピョとジャンディを別れさせようとしますが、ジャンディの母はジュンピョの母に頭から塩をかけて怒ります。

ジュンピョの母も怒って、クリーニング店を借りれないように圧力をかけました。

それで、ジャンディ一家は、コーヒーやポン菓子をCap009 道端で売ることにします。

そこを車で通ったジュンピョの母は、秘書にポン菓子を買わせます。

ジュンピョも乗っていたので、ジャンディは惨めになります。

でもジュンピョが車から降りてジャンディを追いかけ、母の見ている前でジャンディにキスをします。かっこいい!

Cap011 二人で歩いているとき、ジュンピョは「何かあったらすぐ俺にいうこと」「何があっても俺から逃げるな」とジャンディに約束させました。

モデルに誘われたジャンディは、弟のガンサンがお金がなくて給食も断っていると聞いて、スタジオに出かけます。

でも、中に入ると誰もいなくて、ドアが閉められてしまいました。

ジフがジャンディとジュンピョを応援してくれているんだけど、なんかそのシーンがゆったりしていて退屈に感じちゃいます。

台湾版のときは、類がでてくるとワクワクしたのになあ・・・

OSTの中で今一番好きな曲です。

|
|

« 財テクに目覚める | トップページ | いろいろ »

花より男子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 財テクに目覚める | トップページ | いろいろ »