« 残念 | トップページ | 「カインとアベル」14話 »

「カインとアベル」13話

チョインはソヌとソヨンがキスしているところを見てしまいましたが、何も言わず帰ってしまいました。

父のところに行って、「これからどう生きればいいのか・・・」と嘆きます。

ずっとヨンジと一緒にいたから忘れていたけど、ソヨンのことをすごく大切にしていたときの記憶がもどっていたんだよね。

チョインは部屋のスクリーンに思い出したことを書いて頭を整理します。そして、オ理事と診療部長が怪しいので、二人に会います。

オ理事には、偽のチョインの遺灰を持って行って、「この遺灰は送り主に返してください。」と言います。オ理事は自分がチョインの殺害を指示したとチョインが気づいているのを知ります。

診療部長には、キム医局長の潔白を証明する倫理委員会を開くように言います。

チョインはソヌにも「遺灰が送られてきてもDNA鑑定ぐらいしてくれよ。兄さんも俺がじゃまだったのか?」と言います。

ソヌが疑われて怒ったので、チョインは演技なのかわからないけど謝ります。

ソヌはまたチェ社長に電話してチョインを殺害するように頼みます。

ソヨンはチョインに「待ってあげられなくてごめん。・・・でももうソヌから離れられないの。」と言い、チョインも「いいよ。わかっているから。」とあきらめたみたいです。

なぜかまたチェ・チスが病院にきました。脳に硬膜下出血がありましたが

チョインの他にすぐに手術ができる人がおらず、チョインが手術をすることにします。

チョインはチスを憎んでいるから、わざと失敗して殺しちゃうなんてことはないよね?

チョインとヨンジのシーンが見たいから早くヨンジがソウルに来ないかなあ・・・

また画像がないので、動画を借りてきました。

|
|

« 残念 | トップページ | 「カインとアベル」14話 »

カインとアベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残念 | トップページ | 「カインとアベル」14話 »