« 試合が見たい | トップページ | 「カインとアベル」10話 »

「カインとアベル」9話

チェ・チスがヨンジの家の鍵を持っていったので、ガンホは急いでヨンジの家にもどります。ヨンジより先に着いてよかったです。

ガンホはチェ・チスを殴りますが、そこへヨンジが駆けつけガンホを止めます。

ガンホが「チェ・チスがガンチョルを殺した」とヨンジに言っても、ヨンジは「兄さんはあなたを人殺しにするために助けたんじゃない。あなたが捕まったら私には誰もいなくなる。」と言ったので、ガンホも思いとどまります。

ソヌはチェ社長に会って、チョインが生きているかもしれないから捜してほしいと頼みます。

ガンホとヨンジはチョンジュに引っ越すことにしました。ソヌがヨンジに連絡をしますがヨンジは「お話しすることはありません。」と言って携帯を捨ててしまいます。

15_2

チョンジュではガンホは魚を獲ったり肉体労働をし、ヨンジはガイドをして生活していました。夜は二人で夜食を作って出前の店もやっています。

ガンホは、チョンジュで記憶喪失の治療をうけていました。

ヨンジもネットで「解離性健忘 記憶喪失」について調べ、記憶を取り戻すと記憶を失った後の記憶を失うと知り、自分が忘れられてしまうかと不安になります。

14

でもガンホは「この暮らしが気に入っている。・・・ヨンジさんを絶対に忘れたりしない。」と言います。

ソヨンはまだソヌを許していませんでしたが、ソヌは「脳医学センターのセンター長になってもお前がいなければ意味がない」と話します。

そして、ソヨンの前で倒れてしまいますが、脳腫瘍があることは隠し続けます。

ガンホはある電話番号を思い出しかけてみると、「イ・チョインは手術中です。・・・」というメッセージが流れました。まだチョインの携帯につながるなんて不思議だけどまあいいです。

そしてガンホはヨンジに黙ってキム医局長がいるチョンジュのポソン病院へ行きます。

副院長が院長に付き添っています。ポソン病院はチョインの両親の病院だったのかな?それで院長はチョインに病院をゆずろうとしていたのかな?

でも副院長は、チョインは院長の息子だと思っているからチョインを嫌っていたんだね。そして、チョインの両親が事故死したのも副院長が関わっているみたいです。

ガンホがなぜか検査入院?していているけど、夜になって急いでヨンジのところへもどっていきます。

ソヌはチェ社長からガンホがチョインだったこととヨンジと一緒にチョンジュにいることを聞きます。

ガンホの髪型、ボサボサだけどけっこう好きだなあ。チョインよりガンホのほうがかっこよく見える。

|
|

« 試合が見たい | トップページ | 「カインとアベル」10話 »

カインとアベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試合が見たい | トップページ | 「カインとアベル」10話 »