« お盆休み | トップページ | 「カインとアベル」20話(最終話) »

「カインとアベル」19話

ソヌが倒れてポソン病院に運ばれたので、チョインはソヌに脳腫瘍があることを知り驚きます。

でもソヌは部下の医者に言ってCTの結果を削除させました。

ソヨンがチョインに「ソヌさんの手術をして」と頼みますが、チョインは断ります。

チョインは救命センターを作ることと組織図を発表するように副院長に指示しました。

そして倫理委員会を開いてソヌを追い出そうとします。

翌日救命センターのことが発表されました。研修医もソヌにやめてほしいことを伝えたので、ソヌは怒ります。

ソヌはチョインにも「白衣は脱がない。・・・死んでも医者でいる。」と言います。

無理だよね~。

ソヌは父にも「誰かにメスを奪われることは許せません。」と言うと、父はソヌの手を握ります。

ソヌは泣き、「もう少し早く手を握ってくれていたら・・・」と言います。

ほんとにそうだよね。父が副院長やソヌに優しくしていたら、ソヌたちだってチョインを殺そうなんて考えなかっただろうに・・・。

倫理委員会にソヌは現れませんでした。ソヌは別荘に行ってチョインを殺そうとしたことを後悔していたのでした。

チョインはカン先生からソヌの病状をくわしく聞きますが、チョインは許そうとしません。

ソヌは別荘の近くて倒れてしまいますが、ソヨンがそれを見つけ、「手術してチョインに許してもらって一緒にくらしましょう。」と言います。

院長はヨンジにパソコンの操作を手伝ってもらい、チョインとソヌに手紙を書きました。

ソヌは病院にもどり、チョインに手術をしてくれるよう頼みますがチョインは断ります。

でもソヌはその後倒れてしまいます。

キム医局長もチョインに電話して手術をしないと命が危ないと伝えますが、チョインは病院の屋上で考えていました。

ソヌもチョインに手術を頼むなんてわからないなあ。

|
|

« お盆休み | トップページ | 「カインとアベル」20話(最終話) »

カインとアベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆休み | トップページ | 「カインとアベル」20話(最終話) »